ここから本文です

カリーはシューティングを重視したナッシュ?2人を指導したドン・ネルソンが現No.1シューターについて言及

4/9(木) 16:30配信

THE DIGEST

 今季でキャリア11年目を迎えたゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、元NBA選手でシャープシューターのデル・カリー(元シャーロット・ホーネッツほか)を父に持つサラブレッドだ。

【動画】名パサー兼シューターとして鳴らしたナッシュのキャリアハイライト!

 2009年のデビューからウォリアーズ一筋でプレーしてきたカリーは、3度の優勝、2度のシーズンMVP受賞に加え、オールスターとオールNBAチームにそれぞれ6度選ばれたスーパースターとして知られている。

 カリーと言えば、3ポイントシューターのイメージが強い。プロ入り後、すべてのシーズンにおいて平均2本以上成功。今季はケガのため5試合の出場にとどまっていたこともあり、成功率は24.5%に沈んでいるが、昨季までの10シーズンすべてで成功率41.0%以上をマークしている。

 レギュラーシーズンにおける通算3ポイント成功数は2495本で歴代3位、成功率でも43.5%で歴代6位につけている。なお、プレーオフ(470本)、ファイナル(121本)の成功数ではどちらも歴代トップで、レギュラーシーズンにおける記録でも1位に浮上すれば3ポイントにおける“三冠”となり、文句なしに歴代最高の3ポイントシューターという称号を手にすることだろう。
 
 もっとも、元NBA選手を父に持つカリーのキャリアは決して平坦ではなかった。“デル・カリーの息子”という言葉が先行し、シャーロット・クリスチャン高校でも全米級の知名度はなかった。デイビッドソン大3年時に全米トップの平均28.6点を叩き出し、脚光を浴びたとはいえ、2009年のドラフトで7位指名されたことを疑問視する声があったのも事実。

 だが、カリーのルーキーシーズンにウォリアーズのヘッドコーチ(HC)を務めたドン・ネルソンは違う見方をしていたという。

「(周囲は)あの男がリーグのMVPになるなんて考えてもみなかっただろう。でも私はオールスターのポイントガードになれるかもしれないと思っていたよ」

 ネルソンは4月8日(日本時間9日)に公開された『95.7 The Game』の電話インタビューに応じ、カリーについてこう続けた。

「私はシューティングを重視したスティーブ・ナッシュのようになるだろうと見ていた。スティーブにとって(スコアリングより)アシストすることがもっと重要だったんだ。いつもスティーブにはもっとシュートするように言ってたよ。でもステフに関しては全く心配していなかった。オープンになれば、すぐさまショットを放つ準備ができていたからね」
 

1/2ページ

最終更新:4/9(木) 16:30
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事