ここから本文です

桜花賞、オークスで勝つ馬がわかる。 安藤勝己選定の「3歳牝馬番付」

4/9(木) 6:00配信

webスポルティーバ

牝馬クラシック第1弾となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)が4月12日に行なわれる。

【写真】デアリングタクトは、ウオッカ級か?

 近年は、牝馬のレベルが高くなり、毎年のように"大物"が登場しているが、今年も将来の名牝候補がズラリ。桜花賞、オークスともに、激戦が予想されている。

 そんななか、中心視されているのは、2歳女王決定戦となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日/阪神・芝1600m)、桜花賞の前哨戦となるGIIチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)で上位を争った3頭。レシステンシア(阪神JF=1着、チューリップ賞3着)、マルターズディオサ(阪神JF=2着、チューリップ賞=1着)、クラヴァシュドール(阪神JF=3着、チューリップ賞=2着)だ。

 だが、この3頭に限らず、実力を秘めた素質馬はほかにもたくさんいる。いずれも、前述の「3強」との対戦はなく、その優劣はまったく読めない。

 要するに、今年の牝馬クラシックはまさしく混戦。ハイレベルかつ熾烈な争いになることは必至である。そうなると、さすがに素人目には実力差を判断することはできない。

 そこで今年も、競走馬の分析に長(た)けた元ジョッキーの安藤勝己氏を直撃。牝馬クラシックに挑む面々の実力について診断・分析をしてもらい、独自の視点による「3歳牝馬番付」を選定してもらった――。

横綱:デアリングタクト(牝3歳)(父エピファネイア/戦績:2戦2勝)

 トライアルの上位組を差し置いて、この馬が横綱。まだキャリア2戦だが、その2戦とも、実に勝ちっぷりがよかった。

 とくに強調したいのは、終(しま)いの脚。2戦で見せた最後の直線での脚は、荒削りだけど、その分、豪快で迫力があった。そこは、父エピファネイア譲りなんだと思う。

 前走のエルフィンS(2月8日/京都・芝1600m)では、馬場が悪いなか、1分33秒6という勝ちタイムを記録。時計も優秀だ。

 この先、終いの脚にさらに磨きがかかれば、『どこまで強くなるんだろう』といった、競走馬としての奥行きも感じる。もちろん、距離にも不安がないから、桜花賞を勝てば、続くGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)も楽しみ。個人的には、二冠もいけると見込んでいる。

 唯一の懸念は、父エピファネイアは豪快に勝つ一方で、取りこぼしもある、というタイプだったこと。そうした血が引き継がれて、本番で出ないか、少しだけ心配している。

1/3ページ

最終更新:4/9(木) 6:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事