ここから本文です

欧米のマスク評価が新型コロナで急上昇、WHOは布マスクも否定せず

4/9(木) 7:00配信

日経ビジネス

 欧米で新型コロナウイルスがまん延する前は、「集団での着用は奇妙」、まん延後は「予防効果なし」といわれたマスクの評価が急上昇している。

【関連画像】東欧諸国では新型コロナ対策としてマスク着用を義務化する国が増えている。(写真はイメージ)

 インパクトが大きかったのは、米国の方針転換だ。トランプ米大統領は3日、新型コロナの感染拡大を抑えるため、外出時にマスクの着用を国民に推奨すると発表した。従来はマスク着用を勧めていなかったが、無症状の感染者が他者にうつすリスクの低減を重視し、従来の方針を転換した。

 実はその前からマスクの効能は、欧州各国で着目されている。チェコやスロバキア、オーストリアなどの東欧諸国では新型コロナ対策としてマスク着用を義務化する国が増えている。

 チェコでは3月19日から、外出時にマスクやスカーフなどで口と鼻を覆うことを義務づけた。免除規定は1人で車両に乗る場合と2歳以下の子供だけという徹底ぶりだ。

 チェコ保健省は、国民に対して様々な媒体を使ってマスク着用を説明している。ビデオメッセージではナレーターが、「ほんの数日前はマスクをした人たちを笑っていました」と正直に明かした上で、多くの専門家の証言を紹介して、その効用を訴えている。

 また、「店舗にはマスクが売っていませんよね」と共感した上で、「自家製マスクですら部分的に効果がある」とし、自家製の製作や着用を呼びかけている。自家製マスクの製作やSNSを通じた情報共有が広がっているという。チェコは4月5日時点で新型コロナの感染者が4543人、死亡者が67人と比較的少なく、保健省はマスク着用がその要因の1つと分析している。

 スロバキアでは3月中旬に新政権が誕生し、就任式典の際に閣僚全員がマスクを着用し、話題となった。女性大統領であるズザナ・チャプトバ氏は、ドレスと同じ、紫色のマスクを着用していた。

 異なる理由ながら、マスクへの評価を180度転換させたのがオーストリアだ。同国では3年前に治安の確保などの理由で、公共の場でマスクなどで顔を覆うことを禁じる「覆面禁止法」を制定していた。ところが、新型コロナ対策としての効能に着目し、4月1日からスーパーや薬局などに入店する際の着用を義務付けた。

 クルツ首相は「マスク着用が我々の文化には異質であることは十分分かっている。一刻も早く通常の状態に戻って経済を機能させるために国民は団結し、できることはすべてしなければならない」と語った。今後、外出時のマスク着用を義務づけることを検討している。 

1/3ページ

最終更新:4/9(木) 7:00
日経ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事