ここから本文です

「1対1のオンライン面談します」 “3代目山の神”、神野大地が学生アスリートを対象に緊急面談を実施!

4/24(金) 15:53配信

THE DIGEST

 “3代目山の神”と呼ばれ、箱根駅伝を沸かせた神野大地が、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの影響で、部活動ができず目標を失った学生アスリートに向け、オンライン面談の実施を決めた。

【画像】オンライン面談に至った経緯と神野の想いはこちら!

 神野は文面に「最高学年(中3・高3・大4)の学生アスリートを対象に1対1のオンライン面談をさせて頂きます」と一言記し、詳細はスクリーンショットした文章を画像として載せた。

「現在、新型コロナウイルスの影響で各スポーツで試合を行うことができず、いつ再開するかもわからない状況です。僕もスポーツ人生20年で初めての経験です。今まで当たり前だったスポーツをする、観る、ということが、人々の安心や、社会の安定がないと成り立たないということを感じています。但し、私たちアスリートも社会の一員である以上、今すべきことは新型コロナウイルスをこれ以上拡大させないために自身が予防を徹底することと、そして対策等を呼びかけることだと考えています」とコメント。

 続けて、「しかし現実として『いつ試合が再開されるのか』という不安や、『目標をどこにおくべきか』というモチベーションの面での難しさを感じているアスリートも多いのではないでしょうか。学生アスリート、特に最終学年の学生が今、どのような気持ちで競技と向き合っているのかが気になっています。目標としていた大会が延期や中止になって落ち込んでいたり、大会が行われるか不安でしょうがない日々を送っている人もいると思います」と心配事を綴り、「やり場のない今の想いを聞いて欲しい、ぶつけたい、という学生アスリートの皆さん、僕とお話ししましょう」と、オンライン面談の提案をした。応募方法等は神野のツイッターからチェックしてほしい。

 この投稿には、「相談させてください!高3です!」「中学3年です!いろいろと相談させてもらいたいです」と、実際に相談したいというコメントや「素晴らしい企画ですね!」「神野くんだからこそ力になれること素晴らしいと思います」と、称賛のコメントが寄せられた。

 一部の報道では、全国中学校体育大会の16種目の中止を発表した。さらに、26日には全国高校総体の実施の有無が理事会で決定することになっている。このような状況下で、神野のオンライン面談は、学生にはうれしいに違いない。こんな時だからこそ、アスリートのアドバイスを受け、誰もが納得できる競技生活になることを祈りたい。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:4/24(金) 15:53
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事