ここから本文です

佐村河内守、自宅が差し押さえられ売却…行方知れずの「現在」

5/4(月) 6:00配信

週刊女性PRIME

“現代のベートーベン”として時の人となった佐村河内守。彼が作曲したという『交響曲第1番《HIROSHIMA》』は当時、累計出荷枚数18万枚超えとクラシックでは異例のヒット。しかし、彼のプロフィールが真っ赤なウソだと明らかになった、'14年2月の“代作騒動”。

【写真】ゴーストライター騒動で逆にブレイクの新垣氏、セーラー服姿を大胆披露

「私は、佐村河内さんの共犯者です」

 と会見で語った作曲家の新垣隆氏。18年にわたり楽曲のゴーストライターを自分がしていたこと、佐村河内氏の耳が聞こえていないというのもウソだと暴露した。

「この影響で、全国ツアーを予定していた大阪市の企画会社が、佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めて提訴。大阪高裁は'17年に約4200万円の支払いを佐村河内氏に命じる判決を下しました」(全国紙記者)

'19年2月にすでに売却

 佐村河内氏は現在、どうしているのだろうか? 以前に住んでいた横浜市にある分譲マンションを訪ねると、

「その人なら引っ越されていますよ。私はその後に入居したので、まったく知りません」

 登記を確認すると'18年に差し押さえられ、翌年2月に売却されていた……。

 また、佐村河内氏は'16年10月に、日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)に対し、楽曲使用料などの支払いを求めて提訴している。

「実際に、作曲していたのは新垣さんだったため、JASRAC側は権利がどこにあるのかが不明だとして契約を解除していました。新垣さんは、権利をすべて佐村河内氏に譲渡するとしたのですが、使用料の支払いはされていなかったのです」(前出・全国紙記者)

 裁判は'17年3月に、JASRACが著作権料を支払うことで和解。支払金額は、784万2844円。

 もう一方の当事者である新垣氏は、暴露後にさまざまなバラエティー番組に出演し、騒動について語った。“ゲス不倫”の川谷絵音らとテレビ番組をきっかけに結成したバンドのメンバーとしても活動するなど、ゴーストライターから一躍、活動の幅を広げた。

 新垣氏の兄である茂さんに話を聞くと、

「弟は当時のことについて、聞かれれば話しますが、自分から触れることはありません。もうお別れをしたわけですから、あとは自由に頑張ってくださいとしか言えませんね。佐村河内さんからの連絡? 

 当然ありませんよ。

 楽曲の権利については作曲した際にお金はもらっていたので譲渡する形になりました。『HIROSHIMA』を含むクラシック楽曲も同様に財産権は手放しています。ただ、佐村河内側は共作だと主張していますが、作曲は新垣が単独で行ったものです。別段、争っているわけではありませんが……」

 佐村河内氏は数年前、プロレスラーのザ・グレート・サスケの入場曲を作曲したようで、それ以降は音さたもないままだが、どこかで隠遁生活を継続しているのか……。

最終更新:5/4(月) 10:30
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事