ここから本文です

ドイツと差を生む「16~20歳」の育成環境とは 一部強豪で続く日本の“非科学的”練習

5/10(日) 19:03配信

THE ANSWER

【“ドイツS級コーチ”鈴木良平の指導論|第3回】プロで活躍する選手は「16~20歳までにフィジカルも含めて完成している」

 海外サッカー、ブンデスリーガ1部で通用する日本人選手が減っている。かつてアルミニア・ビーレフェルトでヘッドコーチを務めた鈴木良平は、現地の実際の評価をこう解説する。

【動画】C.ロナウドもベイルも同じ蹴り方…足で蹴るのではなく「股関節で押し出す」 異色の指導者が極めた「絶対に“ふかせない”」シュート

「日本の選手たちも、時間とスペースに余裕があれば上手い。しかし勝つために何をするべきか、1対1を中心とする相手との競り合い、勝負強さなどで物足りないと見られるようになった。その要因として、フィジカルとメンタルの弱さがはっきりと見えてきました」

 明確に差がつくのは、16~20歳までのトレーニングだという。

「フィジカルやメンタルの強さは、プロになってから鍛えても手遅れです。世界の流れを見れば、プロで活躍する選手は16~20歳までにフィジカルも含めて完成している。例えばドイツでエリートとしてプロのアカデミーで育てられていくような選手たちは、個別に科学的なデータを取り、計画的に一貫性を持って強化されていく。

 ところが日本の場合は、協会が明確な指針を打ち出さないために、成長過程の指導が個々の監督やコーチに委ねられている。しかも小中高と指導者が変わるので、1本筋が通っていない。テクニックを大切にするコーチもいれば、フィジカルに傾くタイプもいて、現場の指導者が自分なりに模索している状態です」

 第1回で紹介したように、ドイツではDFB(ドイツサッカー連盟)主導で育成方針を統一して徹底し、全国366か所に拠点を置き、優れたタレントはどんな小さな街にいても見逃さずに引き上げられる仕組みを構築した。しかし日本の高校年代は、圧倒的に部活でプレーする選手が多く、強豪校ほど大量に部員を抱え個々に向き合えていないから、科学的なデータに基づく指導とは無縁になっている。

「グラウンドで行うトレーニングは、人間の集中力を考えれば2時間が限度です。もちろん、そのなかでコンタクトの激しい攻防が繰り返されるわけですが、ドイツの場合はフィジカル強化には別の時間を設けて、プログラムを組み個々が課題に取り組んでいる。だから身長は低くても、決して当たり負けしない選手たちが育ってくるんです」

1/2ページ

最終更新:5/10(日) 19:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事