ここから本文です

人工知能が、新型コロナウイルスの有望な“治療薬”を見つけ出す

5/16(土) 12:31配信

WIRED.jp

1月下旬のある日の午後、英国人薬学者のピーター・リチャードソンは自宅の仕事部屋から飛び出してくるなり、妻にこう言った。

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? 基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

「やったぞ!」

何のことやらわからず紅茶の入ったカップを差し出す妻に、彼は次のように説明した。中国で流行中の新型ウイルスに感染した人たちを救うかもしれない薬剤を特定できたというのだ。

リチャードソンが勢い込んだのも無理はない。自身の勤める創薬スタートアップのBenevolentAIが開発した人工知能(AI)ソフトウェアのおかげで、ある発見をしたのだ。

彼はロンドンにあるBenevolentAIの薬学部門でヴァイスプレジデントを務めている。同社は製薬業界に蓄積されているデータと、さまざまな科学研究論文から丹念に集めた貴重な情報を組み合わせ、ステロイドに関する一種の検索エンジンをつくり上げた。

このソフトウェアを使ってリチャードソンが特定した関節リウマチ薬は、ある未知のウイルスが引き起こす重篤な症状を緩和する可能性を秘めていた。その疾患は現在、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の名で呼ばれている。

大手製薬会社が注目

それから数週間のうちにウイルスの感染は急拡大し、リチャードソンの着想も急速に発展していった。2月には、彼をはじめとするBenevolentAIのチームがふたつの研究論文を発表し、裏付けとなる根拠を示しながら独自の仮説を展開している。

これに注目したのが、世界的な製薬会社のイーライリリー・アンド・カンパニーだった。同社は関節炎治療薬の「バリシチニブ」を「オルミエント」の製品名で販売している。

イーライリリーは4月中旬、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)と共同で、入院中のCOVID-19患者を対象とする大規模な臨床試験を実施中だと発表した。イーライリリーの生体臨床医学部門を率いるパトリック・ジョンソンによると、彼らにはこれまでバリシチニブを感染症の治療薬として扱う発想はなかったという。「COVID-19は多くの点で、わたしたちの仕事の進め方を変えることになるでしょう」と、彼は言う。

臨床試験は4月中に米国で始まり、結果は早ければ6月下旬にも明らかになる見込みだ。ジョンソンによると、こうした臨床試験の立案や準備、そして開始までには通常なら何年もかかるという。

1/4ページ

最終更新:5/16(土) 12:31
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事