ここから本文です

スピードボールにも基本どおりのスイングを【立浪和義の超野球論】

5/17(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

強い球に対してもしっかり振る

現役時代、スピードボールへの苦手意識はなかったという

 緊急事態宣言の延長で、少年野球チームも、なかなか練習を再開できないところが多いと聞きます。

 大変とは思いますが、新型コロナウイルスは非常に怖い病気です。我慢しつつ、今できることをやっていくしかありません。

 以前も書きましたが、ランニングやバットの素振り、キャッチボール、さらに自分の体重でできる腕立て伏せや、腹筋、背筋などは妥協せず続ければ必ず自分の力になります。練習再開のときは必ずやってきますので、そのときのために、しっかりと準備してほしいと思います。

 プロ野球の動きがほとんどない中、編集部から中高生の選手たちに向け、「速い球をどう打つかのアドバイスを」というテーマで依頼がありました。これに対し、解答はありますが、近道はありません。技術的なことでは、いかにピッチャーにタイミングを合わせ、振り遅れないか、ということですが、これは試合や練習でたくさん経験していけば、少しずつ自分のものになっていくと思います。

 今回はむしろ・・・ 本文:1,310文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/17(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る