ここから本文です

なぜ日本は英国よりコロナ被害が少ない? 元イングランド代表FWが指摘「日本人は…」

5/17(日) 6:15配信

Football ZONE web

オンラインで名古屋GKランゲラック、柏FWオルンガと座談会 近況について報告

 北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイが、名古屋グランパスのオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラック、柏レイソルのケニア代表FWオルンガとオンライン座談会を行った。Jリーグ公式YouTubeチャンネルが動画を公開したなか、ジェイは新型コロナウイルスの被害に言及し、「日本がイギリスよりも良い状況にあると思う理由」について持論を展開している。

【動画】コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイが「月間ベストゴール」の豪快ボレー弾

 新型コロナウイルスの影響を受けて、J1リーグは開幕戦後に中断。現在は7月の再開に向けて話し合いが続けられている。そのなかでジェイは現状について「明らかに理想的じゃないけど、僕たちは家で多くのトレーニングをしなければならない」と明かす。

「外国人選手は、マイケル(オルンガ)やミチ(ランゲラック)がどうか分からないけど、僕は1人でいろいろこなしているんだ。イギリスの人たちが目を覚ますまで話し相手がいない。で、家族とは電話やFaceTimeオーディオでいろいろ話をしているよ」

 日々の生活における難しさを明かしたジェイだが、「僕たちは家で1人なので、状況的にはより難しいかもしれない。だけど、それが今しなければいけないことだし、僕たちが置かれた状況だ」と理解を示す。その一方で「健康は何よりも重要だ。健康は富にまさる、だね。みんなが賢明になって、ガイドラインに従わないといけない」と強調した。

ジェイが日本とイギリスの違いを分析 「誰もが自分のやりたいようにやっているだけ」

 そのなかで言及したのが、日本とイギリスにおける新型コロナウイルス被害の違いだ。

「日本がイギリスよりもおそらく良い状況にあると思う理由は、知っていると思うけど、日本人が従順で、ルールを守るからだ」と指摘。そのうえで「イギリスでは、誰もが自分のやりたいようにやっているだけだからね」と付け加えた。

 現在38歳のジェイは、2015年にタイのムアントン・ユナイテッドからジュビロ磐田へ移籍。2017年途中から札幌に加入し、日本生活は6年目に突入している。日本をよく知るジェイは、先進国のなかでも比較的被害が少ない日本の状況を自分なりに分析していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/17(日) 22:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事