ここから本文です

メジャーは近くなったけど、投げた、打った以外の魅力を見せたい【大島康徳の負くっか魂!!】

5/18(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

球界にもグローバル化の波

投打の「二刀流」をプロ野球界で実現させ、メジャーでも認めさせた大谷翔平[現エンゼルス、写真は日本ハム時代]の存在は、野球界の人の意識にも変革をもたらした

 今週号は、プロ野球界のこの10年を振り返っていく特集だとのことなので、このページでも、この10年間のプロ野球界の変化などについて、思うところをお話ししていきたいと思います。

 この10年の野球界の変化で、一番大きいのは、世の中の動きと同様、野球界のグローバル化がより進んできた、ということでしょう。その源流は、野茂英雄をパイオニアとして、イチロー、松井秀喜と続いたところにありますが、WBCなどの国際大会も増えてきて、選手の中の、アメリカその他、海外への意識が大きくなってきた。日本の野球界だけでは飽き足らず、メジャーで自分の実力を試したいと考える選手が非常に増えた、というのが、大きな変化ではないでしょうか。

 以前は、選手が「メジャーに行きたい」と言っても、なかなか球団のほうがそれを認めなかったものですが、近年はそうでもないところも出てきていますから、選手も動きやすくなったと思います。

 野球界の人たちの意識を変えた、という点では、これも日本からメジャーに移った選手ですが、大谷翔平(現エンゼルス)という存在が出たことも大きかったですね。「二刀流」という概念を野球界に定着させ、それをメジャーにまで認めさせた。おそらくこれによって・・・ 本文:2,233文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/18(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る