ここから本文です

中村倫也“ゴンさん”のナチュラルな壁ドンに視聴者興奮「何回見ても…好き」『凪のお暇』イッキ見SPも話題!

5/18(月) 10:32配信

ザテレビジョン

黒木華主演で2019年7月期に放送されたドラマ「凪のお暇」(TBS系)を再編集して放送する「凪のお暇#イッキ見SP」第2弾が5月17日に放送された。“メンヘラ製造機”ことゴンさん(中村倫也)が見せた天性のモテ男ならではの壁ドンに、視聴者から興奮の声が上がる場面があった。

【写真を見る】さりげなく凪(黒木華)の肩に手をかけるゴン(中村倫也)の壁ドンにドキドキ!

■ 凪、“ゴン沼”にハマる

原作は、「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画。仕事も恋もすべて捨てた28歳・元OLの凪(黒木華)が突然失踪し、追い掛けてくる元カレ・慎二(高橋一生)と新しく出会う人たちを巻き込んだ人生リセットストーリーで、この日は、第4話から第7話までが放送された。

人生をリセットするため、安アパート「エレガンスパレス」に引っ越してきた凪。だがいつのまにか隣人・ゴンさんの魅力にドハマりし、すっかり依存してしまう。

ゴンは誰にでも優しく、周囲の女の子をダメにしてしまう“メンヘラ製造機”。凪は、息をするようにキスしてくるゴンさんの沼にズブズブのめり込んでいった。

話題になったのは、そんな“人たらし”なゴンさんの魅力が端的にわかるシーン。

まともな精神状態を取り戻すべく、凪が「わたしにとってゴンさんは、ちぎりパンみたいな人なんだなって」「あまりにもおいしすぎるんです」と“ゴン沼”にハマる苦しみを打ち明けると、ゴンは「おいしいパンなら、食べたいときに好きなだけ食べればいいじゃない。それに凪ちゃん太ってないし」と言いながらナチュラルに壁ドン。「もし太ったとしてもカワイイし」とさりげなく頬に触れ、ごく自然な流れでいいムードに。凪の固い決意は崩壊寸前まで追い込まれた。

天然メンヘラ製造機・ゴンさんの“ヤバさ”がわかるこの壁ドンシーンに、視聴者からも「これは抜けられないわ」「メンヘラ製造機でいいのでゴンさん沼にハマりたい」といった声が続々。昨年の本放送を見ていたファンからも「何回見ても…好き」「ああ、この“沼”の感じなつかしい。ハマったなぁ!」の声が飛び交った。

■ ゴン派・慎二派でSNS紛糾!

だが、みすず(吉田羊)・うらら(白鳥玉季)親子の生き方や森蔵ママ(武田真治)の励ましで正気を取り戻した凪は“ゴン沼”からはい出した。「青春、おしまい!」と晴れやかにゴンに背を向けた凪に、今度はゴンの胸がチクリ…。ゴンに訪れた遅い初恋も、視聴者を沸かせた。

この日は本放送4話分で、素直になれない慎二の悲哀もしっかり放送。慎二が子どものように泣きじゃくりながら凪に「好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった…ごめんな」と初めて本音を話すシーンで締めくくられた。

ゴンと慎二がそれぞれ凪に思いを募らせる展開に、SNSは「圧倒的ゴン推し!!」「素直に愛情表現してくれるゴンさんがいい」「不器用な慎二、大好き!!」「どちらか選べと言われたら、慎二かな…」など、“ゴン派”“慎二派”双方の声でにぎわった。

「凪のお暇」は現在1話から7話までが「TVer」で配信されている他、「Paravi」ではテレビ放送版、ディレクターズカット版がそれぞれ全話視聴可能。

また、DVD およびBlu-ray BOXも発売中だ。5月23日(土)昼2:00からは「凪のお暇#イッキ見SP」第3弾が放送される。

(ザテレビジョン)

最終更新:5/18(月) 10:32
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事