ここから本文です

バットに正解はないが、人のバットでヒットを打っていた長嶋さんはやはり天才【張本勲の喝!!】

5/21(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

“物干し竿”をはじめバットも特徴的だった

王[左]と基本的には同じ形状だが、筆者のバットはグリップが平らな特注品だった

 バッターにとって最大の商売道具はもちろんバットだ。私はプロに入ってしばらくしてからは「ジュン石井」のバットを使っていた。しなりのある圧縮バットで、重さは925グラム程度、長さは34インチ。ワンちゃん(王貞治、元巨人)もほとんど同じような形のバットを使っていたが、唯一、違っていたのはグリップだ。ワンちゃんはグリップが盛り上がったような形のバットだったが、私は平らにしたものを使っていた。右手が悪かったから、グリップをそうした形にすることでうまく引っ掛かるようにしていたというわけだ。

 私は浪商高に転校する前に松本商高、今の瀬戸内高に入学した。決して強いチームではなかったが、1年生で野球部に入部して初めてもらったバットが、広島などで活躍した長持栄吉さんが使っていたというバットだった。なぜ長持さんのバットがあったのか、そして私がもらったのか記憶が定かではないが、そのバットはグリップが平らになっていて、右手がうまく引っ掛かって非常にしっくりきた。それ以降は、そうしたバットを特別に作ってもらうようにしていたのだ。

 バットについて神経を使っていたのが・・・ 本文:2,435文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/21(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る