ここから本文です

超めんどくさい「ホイール汚れ」から解放! メリットだらけのブレーキパッド交換の効果が絶大すぎる

5/21(木) 6:40配信

Auto Messe Web

社外パッドでホイール汚れを低減できる

 愛車をピカピカに保ちたいというのは誰もが願うこと。洗車やワックス、コーティングなど、日々のケアに余念がないユーザーも多いことだろう。ところが、せっかくボディは美しいのに、ホイールが黒ずんだ汚れで台無しになっているクルマを目にすることがある。

【画像】低ダストブレーキパッドの表面やホイール汚れの比較など(10枚)

 この問題、もしすかするとブレーキパッドを交換することである程度解決できるかもしれない。ここでは構造的にブレーキダストが目立ちやすくなるディスクブレーキについて説明していきたいと思う。

汚れの放置はホイール表面を痛めることも

 ホイール汚れの主な原因はブレーキダストが蓄積したもので、雨天走行をしなくても走る分だけ汚れが発生してしまうからだ。そもそも車のブレーキは、ブレーキペダルを踏むと油圧によってブレーキキャリパー内のパッドが回転するローターに押し付けられる「摩擦」によって制動力を発揮している。この時のパッドとローター双方の削りカスが飛散してダスト化しているのだ。

 制動力を重視する輸入車では特にブレーキダストが多い傾向なので、ちょっと走るとホイールは汚れる。ブレーキダストにはローターからの鉄粉を多く含んでいるため、放置すれば固着して頑固な汚れになってしまう。最悪の場合はサビでホイール表面が腐食してしまう可能性もある。マメに洗わないと、せっかくのアルミホイールが残念なルックスになりかねないので注意が必要だ。

制動力を維持しつつダストを低減できる

 そこで注目なのが、社外品にて用意される低ダスト仕様のブレーキパッド。これが市場にリリースされはじめた頃は「ダストは減ったけど効きが悪い」というユーザーの声もあったが、その後に材料などの研究開発が進み、いまや低ダスト化を図りつつ純正品と比べて遜色ない効きを確保している。

 なかには純正以上の効きやタッチを実現した高性能なパッドもあるので、安心&安全を求めるなら一石二鳥のカスタマイズも可能。スポーツカーでの街乗り&ワインディング走行でも十分な制動能力が確保されているので、サーキットでも走らない限りは低ダストパッドを選ぶのが賢明といえそうだ。

1/2ページ

最終更新:5/21(木) 12:37
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事