ここから本文です

コロナ禍のなか安定業績、スバルが走る独自路線

5/21(木) 8:01配信

JBpress

 (桃田 健史:自動車ジャーナリスト)

 5月12日のトヨタ自動車を皮切りに、自動車メーカーの2020年3月期決算発表が続いている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け業績が前期比減となる企業が多い中、SUBARU(スバル)の安定した業績が目立った。

 だがその中身をみると、アメリカ市場偏重型の経営体質が改めて浮かび上がる。同社の経営を取り巻く環境と今後を見ていこう。

■ コロナの影響はまだ小さい

 スバルの2020年3月期通期実績は、連結販売台数が前期から33万台増の103万3900台。売上収益は1880億円増の3兆3441億円。営業利益は286億円増の2103億円となった。

 スバルの中村知美社長は「主力のアメリカで、新型コロナウイルス感染症による事業への影響は3月中盤から始まったため、2020年3月期実績への影響は限定的だった」と決算を総括した。

 見方を変えると、スバルは新型コロナウイルス感染拡大が最初に広がった中国、その次に広がった欧州への依存度が低いことが改めて明らかになったといえる。

 市場別での連結完成車販売台数を見ると、アメリカが70万1600台(全体の67.9%)、日本が12万5800台(12.2%)、カナダが6万400台(5.8%)、オーストラリア4万3100台(4.2%)、欧州3万7000台(3.6%)、中国2万6000台(2%)と、極めてアメリカ頼みの事業構成になっている。

 2021年3月期の業績見通しについては、「販売面で、主力のアメリカ市場でいまだにスバル販売店の6割が営業活動に何らかの制約を受けている状況」にあるとして、新型コロナウイルス感染拡大の収束の目途が立たず、経済社会活動再開の行方が見通せない中、「現時点で当社実績を合理的に算出することは困難」(中村社長)との理由で発表を見送った。

■ 結果的にアメリカ市場偏重になったスバル

 それにしても、なぜスバルはこれほどまでにアメリカ市場偏重なのか? 

 スバルのこれまでを振り返ると、富士重工業としてアメリカ市場重視策に大きく舵を切ったのが2000年代前半以降だ。国内需要の高止まりを受けて、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)需要が伸び始めていたアメリカ市場の開拓に乗り出し、筆者も当時、全米各地でスバルブランドに関する取材をした。

1/2ページ

最終更新:5/22(金) 11:10
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事