ここから本文です

大病を招きかねない歯周病について、あらためて知っておくべきこと

5/22(金) 12:01配信

Tarzan Web

口の中は「かろうじて平和」。

中年以降、歯周病になる人は増え続けるという。口の中はそんなに守りが弱いのだろうか?

ここで考えてみると、当たり前だが歯は歯肉を突き破るように生えている。歯と歯肉の境目に問題が起これば、たちどころに菌やウイルスの侵入を招きかねない。口の中はきわめて脆弱な構造なのだ。

しかも、口の中には約800種、2,000億個以上もの常在菌が棲んでいる。腸内細菌がそうであるように、口腔内細菌にも善玉、悪玉がいて、どっちつかずの日和見菌もいる。そのバランスで健康な人の口の中の平和は、かろうじて保たれている。

つまるところ「歯周病」とは。

口の中の衛生管理が不十分で、歯垢や歯石がこびり付いたままだと、そこで各種の菌が一大増殖を始める。実は歯垢内の細菌密度は、糞便のそれよりもはるかに高いのだ!

ここに棲息する菌の中でも、特にたちの悪い菌がいくつかいて、最も頻繁に俎上に上るのがポルフィロモナス・ジンジバリス(以下、ジンジバリスと略記)という菌だ。

ジンジバリスは酸素を嫌うため、歯と歯肉の境目である歯肉溝の奥底に潜みがちだ。困ったことにジンジバリスは細胞壁の外側にLPS(リポ多糖)という毒素を持つ。

その傷害性と、ジンジパインという固有のタンパク分解酵素を生み出すこともあり、歯周組織は次第に破壊され、歯肉溝は深くなっていく。深さが4mm以上になると歯周ポケットと見なされ、歯周病と診断される。

歯周病が進むと歯がぐらつき、出血しやすくなるなど明らかな違和感を生じる。やがて歯槽骨まで傷むと歯を失うことにも。現在、日本人が歯を失う最大の原因が歯周病だ。

アルツハイマー病にもつながる?

さらに、ダメージを負った歯周組織の毛細血管にジンジバリスは忍び込み、血流に乗って全身を回る。回りながら各所に慢性炎症をもたらす。アテローム性動脈硬化症の病変部位の45%にジンジバリスが検出されたという。メタボリックシンドロームという負のスパイラルのきっかけが歯周病である疑いも濃厚だ。

むし歯がそうであるように、歯周病が自然治癒することは一切ない。放置すれば悪化するだけだし、全身にダメージを及ぼす。

近年、ジンジバリスは血液脳関門を突破し、脳炎症を惹き起こすことで、アルツハイマー病の一因になるという報告があった。また、膵臓がんのリスクを増すという発表もあった。

1/2ページ

最終更新:5/22(金) 12:01
Tarzan Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事