ここから本文です

世界では毎年900万人が飢餓または関連する病気で死亡 コロナで深刻化する途上国の飢餓

5/22(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

<2020年5月30日号> 世界では毎年900万人が餓死、もしくは飢餓に関連した病気で死んでいる。オーストリアの人口に匹敵する人数だ。これだけでも十分に悲劇といえるのに、新型コロナウイルスによる食料供給の混乱で、その数は今年倍増するおそれがある。国際社会は直ちに行動を起こすべきだ。 本文:1,386文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

トニー・ブレア :元英国首相/アグネス・カリバタ :農業振興団体「アフリカ緑の革命のための同盟(AGRA)」総裁

最終更新:5/22(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る