ここから本文です

人民日報ネット版が米国を口汚く糾弾する論文を連載 国際的評判より内政の安定、強硬化する中国の対米外交

5/22(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

中国は米国との対決姿勢を強める。写真は「新型コロナは米国起源」と唱えた中国外務省の趙立堅報道官(ロイター/ アフロ)

<2020年5月30日号> 新型コロナウイルスの感染者数を示す米ジョンズ・ホプキンス大学の世界地図は、この2カ月ほどで真っ赤に染まった。過去1カ月の大きな変化は、ロシアやブラジル、トルコ、インドなどでの感染が急激に広がったこと。先進国が自国の火消しに追われる中、新型コロナは医療設備の整わない国々を襲撃している。 本文:1,638文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

益尾 知佐子 :九州大学准教授

最終更新:5/22(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る