ここから本文です

折り畳みスマートフォンとして復活したモトローラ「Razr」は、技術の成熟を待つべきだった

5/23(土) 12:15配信

WIRED.jp

モトローラ初の折り畳みスマートフォン「Razr(レーザー)」を使ってみての体験は、いい点と悪い点が混在していると言える。モトローラを代表するブランドのひとつとして、2004年以来の復活を遂げたこの製品は、スマートフォン以前は当たり前だった古典的なふたつ折りの携帯電話を手本にしたデザインだ。

【全画像】折り畳みスマートフォンとして復活したモトローラ「Razr」

ただし、下半分には物理キーボードがないので、そのぶんタッチスクリーンが広くなっている。みなさんが使っているスマートフォンを半分に折り畳んだものを考えてほしい(考えるだけにして、実際に半分に折らないように)。

これまで折り畳めるスマートフォンといえば、サムスンの「Galaxy Fold」のような見開きタイプのものしかなかった。スマートフォンを開くと画面がタブレット端末のようなサイズになり、フルサイズのアプリふたつを並べて使えるというものだ。これはマルチタスクに便利と言える。

一方で、縦方向に開閉するクラムシェル型の利点は、もっとシンプルである。つまり、ポケットや小物入れに楽に入れやすいのだ。

価格のわりに耐久性には不安

最初は気に入っていた。どのポケットにも少し余裕が生まれ、この感覚は数日ほど使ううちに当たり前になった。さらに、考えごとをしながら無意識のうちにRazrを開けたり閉めたりするようになった。ちょうどハンドスピナーのような感じだ。

一方で耐久性については、そこまで信頼しているわけではない。毎日のように画面に新しい凹凸が見つかる。まるでディスプレイが自分をはがしてほしがっているかのようだ。さらにヒンジからは、古い門のような柔らかいきしみ音がする。開閉のたびに、プラスティックの画面も音を立てる。

Razrのさらなる不幸は、「Galaxy Z Flip」の登場だ。サムスンが発売したクラムシェル式の折り畳みスマートフォンは、Razrより100万倍はよさそうで、ハードウェアのあらゆる点が改善されているように見える。

例えばサムスンは、ディスプレイにプラスティックではなく、曲げられるガラスを開発した(『WIRED』US版は過去に、折り畳みデヴァイスを買いたいのであれば、このイノヴェイションを待つようにと提案している)。それでいて、どういうわけかサムスン(1,380ドル=約15万円)のほうが、モトローラ(1,500ドル=約16万円)と比べて少し安いのだ。

こうして、実は自分がRazrを好きではないことに気づいた。本当はクラムシェル式が好きなだけだったのだ。

Razrの問題は、1,500ドルという価格でありながら、従来のスマートフォンなら必須である要素が必要以上に犠牲にされている点にある。素晴らしいカメラも、長いバッテリー駆動時間も、明るい画面もなく、なんとAndroidも最新版ではなかった。ノスタルジーを当てにしすぎだ。基になった折り畳み携帯電話「RAZR V3」が大好きだった人たちを誘惑したかったのだろうが、むしろ嫌悪感を抱いてしまった。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 12:15
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事