ここから本文です

即完売の代表格「Z-tune」ミニカーが再々入荷! 他にも「LB★WORKS」フェラーリなど5品

5/23(土) 17:02配信

Auto Messe Web

コレクションするのも楽しいミニカー

 まだまだ続くコロナ禍のなか、在宅遊びの主役としてミニカーが注目されている。そんな流れもあってかどうか、ホビーメーカー各社からも新製品の情報が編集部に届いている。今回は模型メーカーの京商が輸入代理店を務めている海外ブランドモデルと、同社オリジナルブランド「samurai」シリーズ人気商品の再入荷情報をお届けする。

内装も忠実に再現しているR34 GT-R Z-tune【画像】

Otto Mobile

 2019年8月にフランス製Otto Mobile(オットーモビル)から発売されたレジン製「1/18スケール ホンダシビックタイプR スプーン香港エクスクルーシブ」が入荷。

 6代目シビックから追加されたタイプR(EK9)は、日本だけに留まらず海外でも人気が高い1台。そのシビックタイプRをベースに、ホンダ車チューニングパーツメーカーとして知られるSPOONが手掛けた特別仕様のモデルだ。

 実車に施されているカーボン製ボンネットに大型のリヤスポイラー、空気抵抗を減らすエアロミラー、スプーンオリジナルの鍛造ホイール(SW388)や、細かい部分だがホイールのナットなど細部まで再現されている。

 インテリアも微細だ。ナビ周りのカーボン調パネルやチタン製シフトノブなど窓からのぞき込みたくなる要素も詰まっている。重量感があるサイズはまるで実車を手に入れたかのような喜びがある。

 このほかにも初代とはボディ形状が違う(ハッチバックからセダン)、3代目シビックタイプR(FD2)がベースのレジン製「1/18スケール ホンダシビックタイプR スプーン香港エクスクルーシブ」も入荷。どちらも開閉機構がなく価格は1万7500円(税抜き)。国内にはどちらも200台ほどしか入っていないようなので、気になる人は急いだ方が良さそうだ。

samurai

 次に紹介したいのは、一時期はプレミア価格がつくほどの人気商品だった同社の人気ブランドsamurai(サムライ)シリーズの「1/12スケール NISMO R34 GT-R Z-tune」だ。

 実車の「Z-tune」はわずか20台のみの限定販売で1690万円というプライスが付けられた。

 Samuraiシリーズの発売は2018年11月のニスモフェスティバル2018会場で、初回分を完売。その後、海外販売分を国内に少量入荷したが、販売するや瞬く間に売り切れ。そして今回、3度目の少量入荷となったほどのものだ。

 価格は3万2000円(税抜き)で世界限定700台となる。

1/2ページ

最終更新:5/23(土) 17:24
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事