ここから本文です

【2020新車写真館】BMW M8グランクーペ、美しさと快適性にサーキットで培ったハイパフォーマンスをプラス

5/23(土) 15:00配信

Webモーターマガジン

目指すはスポーティ&ラグジュアリーの頂点

今年(2020年)に登場した新車を改めて写真でじっくり見ようという短期集中連載企画をお届けしよう。第2回はBMW Mモデルと頂点に立つことになった「BMW M8グランクーペ」だ。

【写真館】スタイリングやキャビン、エンジンなどを見る(全15枚)

さて、2020年1月28日に日本初公開されたBMW Mのフラッグシップモデル、「M8グランクーペ」。そのディテールを発表会場での写真で改めて紹介しよう。

BMW クーペシリーズの最上級モデルが、8シリーズ グランクーペだ。最近、ヨーロッパのプレミアムブランドは、美しいスタイルと後席の居住性も兼ね備えた4ドアクーペをラインアップする傾向にある。そんな8シリーズ グランクーペにBMW M社のレーシングテクノロジーを駆使した「M8グランクーペ」が加わった。

エクステリアでは、フロントスカート左右の大きなエアインテーク、ワイド化されたリアフェンダー、トランクリッド上のカーボン製リップスポイラーなどがそのパフォーマンスを静かに物語る。インテリアでは、M8の刺繍入りスポーツシートや専用ステアリングが目をひく。

そしてパワーユニットはBMW M社の最先端技術を採用した4.4LのV8ツインターボ。8速トルコンATと組み合わされ、インテリジェント4WDシステムのBMW M xドライブにより4輪を駆動する。運転支援機能も充実している。

ここで紹介するM8グランクーペ コンペティションは、よりアグレッシブなスポーツ走行に対応できるよう、エンジンも625psにパワーアップされ、内外装も特別にラグジュアリーに仕立てられている。車両価格は軽く2000万円オーバーだが、それに納得させられてしまう内容を持っている。

BMW M8 グランクーペ コンペティション 主要諸元

・全長×全幅×全高:5105×1945×1420mm
・ホイールベース:3025mm
・車両重量:2000kg
・エンジン種類:V8 DOHCツインターボ
・排気量:4394cc
・最高出力:460kW<625ps>/6000rpm
・最大トルク:750Nm<76.5kgm>/1800-5600rpm
・トランスミッション:8速AT
・駆動方式:フロント縦置き4WD
・タイヤサイズ:前275/35ZR20、後285/35ZR20
・車両価格(税込み):2397万円

Webモーターマガジン

最終更新:5/23(土) 15:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事