ここから本文です

大人のつきあいはさらに複雑化!? Withコロナで出てきた新たな「タブー話題」とは

5/23(土) 16:02配信

Suits-woman.jp

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

緊急事態宣言ほか、コロナ禍の影響で起きたさまざまな変化が、人生始まって以来の、根本的に生活を変容させる有事であった……という方がほとんどでしょう。テレビで有名占い師が「今年は200年に一度の大転換期」と言っていたのを聞き、筆者、占い関係を読み漁ってみたところ、確かに複数の占い師が、コロナ禍が始まる以前から「2020年」について同じことを提言しています。占星術の世界では、2020年は「20年に一度の転換期」の中でも、更に大きな節目となる「200年に一度の転換期」なのだとか。「占いなんてオカルト」と一笑するタイプの人でも、今の世界のありようを見れば「そういうの、本当に関係あるのかも……」と信ぴょう性を感じてしまうんじゃないでしょうか。

占いの詳細については門外漢の筆者が語れる事ではありませんが、酒の席での『飲みニュケーション』から学んだ「人づきあい」について語り続けている身として、最近「大人の話題のタブー」がちょっと変わってきたな、と感じています。

昔から「政治、宗教、スポーツ」の『3S』は「3大タブー話題」とされてきましたが、このシリーズの過去回で「コロナ禍の影響で、政治の話がタブーでなくなっている」という現象についてお話しました(「「政治の話はタブー」は終わった!?非常事態の今、政治の話が共通の話題となっている件」はこちら)。

今回は、「コロナ禍の影響で新たに出てきたタブー話題」と思われるものを提唱します。

夫婦や恋人関係、友人間、更に知人未満の人とのつきあい方にすら影響を及ぼす、更にはそんな大変なことであるのにまだ気づいていない人も多い「コロナ後のタブー話題」とは?今後、円滑な人間関係を築いていくための、大人の「タブー回避法」も考察します。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 16:02
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事