ここから本文です

最新アンケート「この学歴で結婚なら一生独身のほうがマシ」

5/23(土) 11:15配信

プレジデントオンライン

「学歴よりも人柄重視」──。婚活の現場で囁かれる声ははたして真実なのか。アンケート調査から浮かび上がった、独身男女の「結婚と学歴」観とは? 

【図表】結婚相手に求める学歴

■高年収の日東駒専vs低年収の東大の行方

 「男性に求める学歴ですか?  特にこだわっているつもりはないんですけど……」

 そう答えた佐々木詩帆さん(仮名・28歳)は早稲田卒。大学時代から英語を活かせる仕事に就きたいと考え、メーカーに入社し、ベトナムに駐在した経験もある。26歳を過ぎたころから、結婚を意識し始め、婚活パーティーに参加したり、マッチングアプリを使ったりするようになり、今まで10人ほどの男性に会ってきた。

 「国際結婚にも興味があって、駐在中、アプリで出会ったベトナム人とおつきあいもしたんです。でも彼の年収が低くて、先が見えないと思ってお別れしました。結婚相手の条件に高い学歴は求めないんですけど、やっぱり稼げる人がいい。そこから逆算すると、『せめて大学は卒業していてほしい』となるんですよね」

 同じく早稲田卒の柳早希さん(仮名・35歳)も、「パートナーの学歴は意識しない」というスタンスだ。金融業に従事し、10年。これまで趣味も持たず、ひたすら仕事に打ち込んできた。しかし最近、「このまま1人で生きていくのは寂しい」と感じるようになり、結婚相談所に登録した。会いたいという申し込みがあれば相手に会っている。

■仕事に対する情熱や姿勢に共感

 「自分と仕事観が合う人がいいんです。ただ、自分の膨大な仕事量を伝えると、大体の男性は『家庭をつくる気があるのか? 』と思うみたいで、目をひんむいたり、黙り込んだりしてしまうんですよね……。学歴は気にしてないんです。1度お会いした高卒の経営者は、仕事に対する情熱や姿勢に共感できることが多くて、波長が合いましたから」

 結婚相手を選ぶ際、判断基準のひとつとなる「学歴」。「相手の学歴は気にしない」という声も聞こえるが、心の奥底ではどれぐらいの学歴であれば結婚していいと考えているのか。編集部では、1017人の独身男女に対し、インターネットを通じて「結婚と学歴」に関するアンケート調査を行った。

 男性が理想とする最終学歴でもっとも多かった回答は、「大卒であれば、学校名にはこだわらない(以下・大卒)」(36.8%)だ。これが妥協できる最終学歴になると「高校」(39%)が一番多く、中学校、専門学校、短大を加えた「非・大卒」の合計は66.5%と全体の3分の2を占める(図1-1)。

 女性も理想の最終学歴ナンバーワンは同様に「大卒」(43%)、妥協できる最終学歴も「大卒」(30.8%)がトップで、「非・大卒」の合計も44.6%ある(図1-2)。結果を見るかぎり、大学さえ出ていればある程度受け入れる層が存在し、婚活市場で困ることはないように見える。セレブ・高学歴者に特化した結婚相談所「アニバーサリーパートナー青山」代表の真央侑奈氏は、一般的な婚活市場について、「学歴にこだわらない女性は多い」と語る。

 「自分が高学歴でないかぎり、『この学歴だったら会わない』とNGを出すことはほぼないですね。日東駒専クラスでも、『高年収』『外見がイケメン』などの強い魅力がひとつでもあれば、特別苦戦することはないと思います」

 しかし、婚活は競争の世界だ。他人と比較したとき、学歴が評価の軸になることもある。

 「同じレベルの外見や年収で、学歴に差がある2人がいれば、女性は高学歴の男性を選ぶ傾向があります。また、営業職で結果を出して年収1000万円の日東駒専クラスの男性と、それよりも年収の低い官僚や研究職に就いている東大の男性なら、おそらく後者を選ぶ女性のほうが多いのでは。高学歴を感じさせる仕事内容や稼ぎ方に、女性はつい尊敬の念を感じやすいんです」(真央氏)

 今回の調査で改めて見えてきたのは、高学歴志向だった。「結婚相手が自分より低学歴・低偏差値でもよい」と答えた女性は50%。理想の最終学歴としてあがった「MARCHクラス」「国立・早慶クラス」を合計すると、25.9%。実に4人に1人の女性が、MARCHクラス以上の男性との結婚を夢見ていることになる。現実の婚活市場を見ても、高学歴男性の需要は高い。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 11:15
プレジデントオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事