ここから本文です

「ラーメン一杯1000円以上は高い」論がもはや時代遅れと言えるワケ

5/23(土) 10:01配信

現代ビジネス

適正価格をめぐる議論

 「ラーメン一杯」と聞いて、あなたはどれくらいの値段を想像するだろうか。600~700円代を思い浮かべる方が多いと思うが、繁華街で営業するラーメン店の看板を見ると、1000円を超えるものも珍しくなくなった。

【写真】一風堂ニューヨーク店の成功でわかった、日本人の「ヒドい勘違い」

 「庶民の食べ物であったはずのラーメンに1000円も払えるか!」と憤る50代60代の方も少なくない。その気持ちも分かるが、ちょっと待ってほしい。本当にラーメン一杯1000円は高いのだろうか。

 新型コロナ拡大防止のため、緊急事態宣言が出されて早1ヶ月以上。ウーバーイーツなどの宅配代行サービスの需要が高まり、ラーメン専門の『宅麺.com』といったサービスも広がりを見せるなど、お店で作られたラーメンを自宅で楽しむスタイルは、これまで以上に注目を集めている。

 こうした中で、どのラーメン店がよいか、と値段を見ながら比較を行う人も増えている。そこで改めて今、「ラーメン一杯の適正価格」とは何か、考えさせられる局面に来ている気がしてならない。

 話は遡るが、筆者が20歳の頃、国分寺に『味太郎』という『吉祥寺ホープ軒本舗』出身のラーメン店があり、しばしば足を運んでいた。ここのラーメンは1杯400円だった。

 当時発行されたラーメンガイドブックには、店主の言として「牛丼に負けない値段で勝負したい」といった旨の紹介文が掲載されていた。1990年代半ば(平成7年頃)でラーメン一杯の値段はおよそ500円台が平均の中で、同店の二郎の豚のようなチャーシューが乗ったラーメンが400円というのは破格だった。

むしろ安すぎるのではないか

 時代はバブル崩壊後。牛丼はデフレの象徴と言われ、この後どんどん低価格競争が激しくなっていった。牛丼の値段について、2000年代に入ると、一番安い頃で吉野家が並盛280円、他社も200円代後半が底値となり、現在は並盛350円程度に落ち着いている。牛丼はBSE問題などで波があったにせよ、この20~30年ほぼ値上がりしていない。

 一方、ラーメンの値段は前述した通り、1.5倍近くになっている。となれば、やはり現在の値段は高いし、1000円は払えないという感覚を抱くのも不思議ではない。

 ただ、国や東京都による統計資料を見ると、中華そば・ラーメンの一杯の平均価格は、昭和37(1962)年に48.5円、昭和50年に211円、平成元年に437円、平成10年に515円、平成22(2010)年に594円と推移している。つまり、48年で約12倍にまで上昇している。

 バブルが崩壊したのが1992年で、その頃のラーメン一杯が約450円とすると、昭和30年代から30年近くで10倍近くにまで爆上がりしているのに対し、それ以降の現代に至る約30年では1.5倍にも満たない上昇率となる。いかにバブル崩壊後、物価が上がっていないかが分かる。

 戦後の復興景気から、昭和30年代以降の高度経済成長で異常に物価が上がったとはいえ、ラーメン一杯50円が500円になる時代を生きた人にしてみたら、今現在、一杯1000円とは言わないまでも、700~800円程度ならば、決して高くないはずだ。「むしろ安すぎるのではないか」というのが筆者の考えだ。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 15:26
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事