ここから本文です

テラハ「木村花さん」突然の死去…浮き彫りになった“ネット中傷”の数々

5/23(土) 19:00配信

デイリー新潮

京都旅行で不信感を募らせた後に

 恋愛リアリティショー「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが5月23日、亡くなったことがわかった。享年22。番組が盛り上げた格好の“コスチューム事件”とそれに対する“ネット中傷”が彼女を追い詰めたとされるのだが……。

【画像】死の直前「飯島愛」からの最後の電話

 ***

 花さんが所属するプロレス団体「スターダム」は、【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」として、以下のように伝えた。

「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」

「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と、混乱が続いていることも窺わせた。

「獣神サンダーライガーが、アメリカ最大のプロレス団体『WWE』で活躍できる逸材だと評価していましたからね。早すぎる死は残念でなりません」
 とプロレス関係者。

 花さんはテラスハウスに2019年9月より入居。1997年9月、神奈川県横浜市生まれ。インドネシア人の父と日本人の母を持つ。彼女をめぐっては、いわゆる「コスチューム事件」でネットから激しい中傷を受けていた。

 問題の放送は、フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作し、Netflixにて先行配信するテラスハウス東京編、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の第38話。

〈Case of The Costume Incident〉と題された回で、花さんは「命より大事」なプロレス用のコスチュームを洗濯機に入れていたところ、同居するコメディアン志望の小林快氏が自分の洗濯物と一緒に洗濯・乾燥。コスチュームは小学生の水着のように縮んでしまった。

 花さんは涙を流し、他の同居人はなぐさめるのだが、東京ドームのリングにもあがったそのコスチュームへの思いは相当なもので、その分、悲しみは深くなる。怒りは当然、快氏へ向かい、

《てめえがなんか言えよ》

《なんで黙って見てんの? 》

 などと、罵詈雑言を浴びせてしまう。

 この事件には“前段”がある。花さんと快氏は、他のメンバーと京都へダブルデートに出かけていた。花さんとしては快氏のことが気になる存在ではあったが、京都での彼の言動に不信感を大いに募らせることになった。

 そういった流れの中でコスチューム事件が起こったわけで、積もり積もった不平不満が一気に噴出することになってしまった。

《限界だよ 京都の時からさ》

《自分のことしか考えて行動してないじゃん》

《あんたのせいだよ》

《死ぬほど痛い思いして血流して骨折って頑張ってお金稼いでる人の気持ちなんてわかんないよね》

《一緒に住んでる人を笑顔にできないやつがさ、これから先さ、何百人何千人の前でさ、人のこと笑顔にできるわけないじゃん。ナメんのもいい加減にしろよ》

1/2ページ

最終更新:5/24(日) 14:45
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事