ここから本文です

コロナで一変!転職市場で試される「あなたの値段」 まず求められる「問い」とは?

5/24(日) 8:12配信

NIKKEI STYLE

《連載》次世代リーダーの転職学 ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

新型コロナウイルスの影響で、それまでは「人手不足」が課題といわれていた求人市場も3月後半から、引き合いがピタリと止まり、人材サービス各社も第1四半期の業績予測を大幅に下方修正するもようです。6月以降には徐々に「ウィズ・コロナ」の時代へ移っていく見込みで、私たちに求められる働き方も大きく変わる可能性があります。求人数が激減する状況下で、労働市場における自分の市場価値をどう高めていけばいいのでしょうか。

■一気に転職市場が混沌としてきた

3月下旬以降、コロナ・ショックが直撃して、一気に転職市場が混沌としてきました。転職に関する相談も、直接会う形式から、インターネットや電話を介してのものに切り替わりました。

近ごろの相談内容で多いのは、「今、転職すべきかどうか?」というタイミングに関することや、「コロナ・ショック後に転職市場がどう変わるのか?」といったマクロな動向、「景況感や企業を取り巻く環境が激変するなかで、自分自身はどう市場価値を高めていけばいいのか?」という普遍的なテーマです。

特に自分自身の付加価値を高め、市場で必要とされる度合いを高めたいという場合、資格や学位の取得を目指そうとするケースが多くあります。資格取得や知識武装は、目指しているキャリアを実現するために必要なものであれば有効ですが、方向性が決まっていない人が「とりあえずは資格取得しておこう」というケースは、それにかかるコストや労力から考えると、必ずしも割に合う結果になるとは限りません。転職や異動を重ねて、経験の幅を広げるといった考え方もありますが、どちらかというと経験の深さを磨いて、プロフェッショナル性を高めていったほうがよい結果につながりやすいと思います。

市場価値を高めるには、資格や知識を増やしていく方向よりも、むしろ、自分の仕事人生を自分でかじ取りできているかどうかということのほうが重要かもしれません。

・会社の業績が厳しくなったから動かざるを得なくなった
・上司と合わないから、もうこの会社ではやっていけない
・本意でない仕事への異動を命じられた

キャリアの相談に来る人の多くは、自分が起点ではなく、ここに挙げた3例のように、会社や環境が起点でアクションを起こさざるを得なくなった人たちです。いわゆる受動的なアクションです。

逆に、キャリア形成に満足している人たちに共通するのは、自分のなかにものさしがあることです。人からの影響で決めたり動いたりするのではなく、自分のために自分で立てた目標に沿って道をひらいていくという態度です。仕事とは「誰かに与えられるもの」ではなく、「自らつくり出すもの」と考えられるかどうかの違いが、その根底にあるのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:5/24(日) 8:12
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事