ここから本文です

英国人が見たチリ戦。「『大人対子ども』の試合」「上田綺世の交代は反対! その理由は…」【コパ・アメリカ】

5/24(日) 9:00配信

フットボールチャンネル

日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第1節でチリ代表と対戦し、0-4で敗れた。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)※DAZNで再放送中。2019年6月18日のものを再掲

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 2年後の日本代表イレブンを予想

「大きな舞台で冷静にプレーが出来るかどうか」

――おはようございます!朝早いですが、よろしくお願いします!

「おはようございます!」

――スタメンが発表されました。GK大迫敬介、DF原輝綺、杉岡大暉、MF中山雄太、FW前田大然、上田綺世が日本代表初出場となります。2連覇中のチリが相手ですが、どのようなところに注目しますか?

「一番大事なことは、このような大きな舞台で冷静にプレーが出来るかどうかだね。相手はいつもよりアグレシッブで速いと思うし、雰囲気も全然違うので、とりあえず落ち着いてプレーして欲しい」

――立ち上がりは特に注目ですね。初出場の選手の中で、注目の選手はいますか?

「前田ですね。僕はだいぶ前から好きな選手です。彼の積極的さとスピードはチームに非常にプラスになると思います」

――立ち上がりはどのような印象ですか?

「立ち上がりは完璧ですね。落ち着いてボールを回して、攻撃も積極的なので、ここまではチリを上回っている。でも、チリはもちろん少しずつ良くなるので、このレベルでプレーし続かないといけない」

「今日はマンチェスター・ユナイテッドのサンチェス」

――久保建英や中島翔哉はドリブルで積極的に仕掛けています。

「そうですね。もちろん2人は素晴らしい。バリエーションがあるので、カウンターでもチャンスを作れそうです」

――原は19分に、中山は21分にイエローカードをもらってしまいました。

「中山はラッキーだね! そのファウルはレッドじゃない?」

――原はアレクシス・サンチェスとのマッチアップで苦労しそうですね。

「原は忙しそう。サンチェスは有名ですが、ここ1年半は調子もコンディションも良くなかったので、そんなに怖くないと思います。集中して対応できれば彼はすぐフラストレーションが溜まると思います」

――サンチェスが連続で2本シュートがありました。あのミドルシュートはクラブで何度も見たことがあります。

「でも、点を取りそうじゃなかったね! やっぱり今日はアーセナルで活躍したサンチェスじゃなくて、マンチェスター・ユナイテッドのサンチェスがいるかな」

――前半は30分を過ぎましたが、ここまでの試合の内容はどうでしょうか?

「ハーフタイムまでにゼロを抑えて欲しいですね。あ、しまった…」

――日本は41分に失点。嫌な時間ですね。

「マークも甘かったし、大迫の動きは少し良くなかった。日本は典型的なセットプレーから失点してしまいました」

1/3ページ

最終更新:5/28(木) 16:24
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事