ここから本文です

「0増5減」とは何? わかりやすく解説

THE PAGE 2013/4/18(木) 12:02配信

 いわゆる「0増5減」(ぜろぞうごげん)の法案が国会で話し合われています。国会議員の選挙に関する仕組みを変えるための法案ですが、「0」や「5」とは何のことで、なぜ変えようとしているのでしょうか。Q&Aでざっくりまとめました。

Q 「0増5減」って何?
A 衆議院の小選挙区を5つ減らす、つまり議員定数を5議席減らすのが「5減」です。「0増」は、増やす議席はゼロということ。定数の変更案は「○増○減」と増減セットで呼ばれることが多いのです。実は「0増5減」の関連法は昨年11月に成立していて、今回の法案は具体的に小選挙区の区割り(線引き)を決めるものです。

Q 定数が減るのはどこ?
A 山梨、福井、徳島、高知、佐賀の5県です。各県の小選挙区の区割りを変更して選挙区数を3から2に減らし、衆院小選挙区の定数を全体で300から295にします。そのほか17都県の選挙区の区割りも変更します。ちなみに小選挙区制では、1つの選挙区から議員1人が選ばれます。

Q なぜ定数を減らすの?
A 「1票の格差」を小さくするためです。

Q 「1票の格差」って何?
A 選挙区の有権者数によって、1人ひとりが投じる1票の価値に差があることです。1票の価値は議員1人当たりの有権者数を比べることで計算しますが、人口の多い都市部で低くなり、人口の少ない地方で高くなりがちです。昨年12月の衆院選の場合、人口最少の高知3区(有権者約20万人)と最多の千葉4区(同約50万人)とでは、2.43倍の格差がありました。

Q 2.43倍の格差って、どういう意味?
A 高知3区が「1人1票」だとすると、千葉4区は「1人0.41票」の価値しかなかったわけです(1÷2.43=0.41)。

Q なぜ「1票の格差」がいけないの?
A 憲法14条の「法の下の平等」に反するとされています。都市部で落選した人より少ない票を取った人が地方で当選する、という不公平なことが実際に起きています。また、国会が地方の声を重視しすぎるという見方もあります。

Q なぜ今、「0増5減」なの?
A きっかけは2011年の最高裁判決です。地方に手厚く議席を配分する今の制度を「違憲状態」と判断しました。さらに今年3月、各地の高裁が昨年12月の衆院選について「違憲」「無効」などと相次いで判断したため、政府が法改正を急いでいるのです。

Q では「0増5減」はいいこと?
A 「0増5減」が実現すれば、2010年の人口で計算すると、一票の格差は最大1.998倍になり、少しは改善されます。ただ、それでは全く不十分との批判も強く、民主党などは選挙制度を抜本的に変えるべきだと主張しています。

最終更新:2016/1/31(日) 2:49

THE PAGE