ここから本文です

Jリーグ20年、アルシンドからのメッセージ

2013/5/13(月) 0:16配信

THE PAGE

 ざんばら髪を振り乱しながらピッチを暴れまわる一方で、河童の皿のように禿げあがったトップ。それでいて誰よりも速く、テクニックも突出し、ゴールも量産する。Jリーグが産声をあげた1993年。鹿島アントラーズのブラジル人FWアルシンド・サルトーリが与えたインパクトは強烈だった。

 通算125試合に出場して79ゴール。記録もさることながら、独特の風貌とユニークなキャラクターが社会現象を呼び起こすほどの人気者となり、『友達ならアタリマエ』のフレーズが流行語にもなったアデランス社のテレビCMにも出演。地元鹿島の蕎麦屋では『あるしん丼』という料理も発売された。

 一大ブームから20年。Jリーグ20周年記念試合と銘打たれ、埼玉スタジアムで開催された11日の浦和レッズ対鹿島アントラーズ前のセレモニーに特別ゲストとして登場。元レッズのポンテさんとともにスタンドから喝さいを浴びたアルシンドさんの目には、ハタチを迎えたJリーグがどのように映ったのか――。

――久しぶりに日本のスタジアムのピッチに足を踏み入れた感想は。

 「感激のひと言だよ。試合もよかったし、スタジアムの雰囲気もすごくよかった。懐かしい鹿島アントラーズのインファイトの人たちの声も聞けたしね。ただ、自分に対してはブーイングの嵐かと思っていたんだ。そうしたらレッズのサポーターまでが自分の名前を呼んでくれて、『アルシンドコール』まで起こって。実はちょっとビクビクしながらスタジアムに来たので驚かされたし、本当に嬉しかった」

――最近はテレビのCMで女優の武井咲さんと共演もしているからじゃないですか(笑)。

 「それもあると思うんだけど、あの時はけっこう点を取らせてもらったので、その余韻が残っているんじゃないかと思ってね(笑)。僕自身は逆にレッズのサポーターが好きだったんだよ。母国ブラジルのサポーターも熱狂的で、僕がプレーしたフラメンゴなんて12万人くらいがスタジアムにやってくる。レッズの応援はブラジルのそれに近いものがあるから、すごくいいなと思っていたんだ。とにかく、あの時期に自分たちがベースを築けたということが嬉しい。そこから日本のサッカーがだんだん伸びていったからね」

――1993年のJリーグ創設時に比べて伸びた部分はどこだと思いますか。

 「全体的な組織だね。チームとしての組織的なプレー。ただ、今日の試合を見た限りではもう少しクリエイティブな部分、創造力というのかな。やっぱりそういう部分がまだ足りないかなと思う」

1/3ページ

最終更新:2016/1/24(日) 3:37
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合