ここから本文です

アベノミクスで金利上昇なぜ?/木暮太一のやさしいニュース解説

2013/6/10(月) 16:42配信

THE PAGE

アベノミクスの目玉、「金融緩和」では、金利を下げてお金を借りやすくし、ビジネスを促進する狙いでした。しかし、最近その思惑が外れてきています。

金融緩和とは、金融機関が持っている国債などを日銀が買い取り、その代わりに“キャッシュ”を世の中に出す政策のことです。これで経済を活性化させようとしていました。

―――「なぜそれが経済活性化につながるの?」

たとえば銀行が1億円分の国債を持っていても、融資はできませんし、買い物もできません。でもこの1億円分の国債を日銀が買い、代わりに1億円を渡せば、銀行は企業に融資ができます。

つまりお金を借りたい人が、より借りやすくなるわけです。それによってお金が回れば、景気がよくなるという筋書きです。

日銀が国債を買いすぎる

そして本来、「金融緩和」をすれば、世の中の金利が下がって、企業も銀行からお金を借りやすくなるはずでした。

しかし、最近は逆の現象が起きています。金利が上がっているのです。

―――「え? なんで??」

それは、日銀が国債を買いすぎているからです。

じつは金利は国債の値段と深く関係しています。国債の値段が上がれば金利が下がり、国債の値段が下がれば金利が上がります。これは「そういう時もある」ではありません。必ずそうなります。

これを理解するためには国債の値段と金利の関係の「構造」を知らなければいけません。

まず、国債は、国に対する貸付金ですね。
100万円の国債を持っているということは、国に100万円貸しているのと同じことになります。国債を持っている人は、期日になれば「100万円」を受け取れるわけですね。
株は将来いくらになるかわかりませんが、国債は将来(期日)の価値が決まっているのです。

―――「なるほどね」

問題は、投資家がその国債をいくらで買うかです。安く買えばたくさん儲かります。高く買えばあまりもうかりません。

―――「いくらだったらいいの?」

それは、その時の利子率によって変わるんです。世の中の利子率が5%の時、誰かにお金を貸すと年5%の利子がつくことになります。それと国債に投資した時でどっちが儲かるかを考えて、投資先を決めるわけです。

世の中の金利が低いと、誰かにお金を貸しても、利子は少ししかもらえません。投資家としてはあまり儲からないのです。

そのため、「国債を高く買っても、まだそっちの方が儲かる」ので、みんな国債を買おうとします(国債は一番安全な投資と考えられているので、利回りが一緒だったら国債を買いたがるのです)。

そして、人気が上がれば、国債の値段は上がっていきます。

―――「必ず?」

はい、「必ず」です。つまり、“世の中の金利が低い=みんな国債を買おうとする=国債の値段が上がる”、という構造なんです。

逆に、世の中の金利が高ければ、「国債に投資するより貸した方が儲かる!」ので、国債の人気がなくなります。人気がなくなれば、国債の値段は下がります。“世の中の金利が高い=国債の人気が下がる=国債の値段が下がる”わけです。

このように、国債の値段と世の中の金利は連動しているんです。

そして大事なのは、「国債の値段が変わる→世の中の金利が変わる」という順番も成り立つということです。企業が銀行から借りる時の金利はもちろん、住宅ローン・自動車ローンなどの金利も、国債の値段に応じて変化するのです。

1/2ページ

最終更新:2016/1/30(土) 2:48
THE PAGE