ここから本文です

ニュースでよく見る「ヘッジファンド」とは?

2013/6/13(木) 16:25配信

THE PAGE

 株価は上がったり、下がったりします。株価が上がれば、それだけ儲けがでるわけですから株を買った人が大喜びするのは当然。それとは逆に株価が下がると青ざめる人が出てくるのですが、その裏で「儲かった!」と大喜びする人もいます。株価が下がっているのに儲かる? 不思議な光景ですが、株価が上がるだけでなく、下がることで大儲けする人たちもいるのです。ざっくり言うと、世界中のお金持ちから資金を集め、そうした資金運用方法を取り入れている金融商品やグループが「ヘッジファンド」です。

 ヘッジファンドの「ヘッジ」は英語で「避ける」という意味で、株などの価格が下落しても損しないようにリスクを「ヘッジ」しているのです。そして、「ファンド」は基金の意味。一種の投資信託です。一般的な投資信託は一口1万円から買えますが、多くのヘッジファンドは主に富裕層や機関投資家向けに作られた金融商品で、数百万円以上の投資が必要とされます。証券会社で買える一般向けのヘッジファンドもありますが、ほとんどは非公開で特定の顧客にしか販売されません。

 さて、一般的な株の売買は、買ってから売るという順番で取引します。買ったときより値上がりしていれば利益がでますし、値下がりしていれば損がでます。一方で、株の売買には「信用売り」といって、株を売ってから買うという順番の取引もあるのです。「空(から)売り」とも言います。株価が下がれば下がるほど儲かるのです。逆に株価が上がれば上がるほど損をします。

 分かりにくいのですが、こう考えてみたらどうでしょうか? 売ったものが値上がりすると「悔しい!」って損した気分になります。逆に売ったものが値下がりすると「売っておいてよかった」と得した気分になります。それが気分ではなくて、必ず買い戻さないといけないのですから、実際に損や得をするわけです。

 「空売り」できる金融商品は、株だけではありません、FXとして知られる外国為替や国債、小豆やトウモロコシも取引できます。こうした「空売り」は、ときおりニュースで、あたかも裏テクニックを駆使した法律や道徳に反する取引であるかのように報じられることがありますが、取引そのものは裏テクニックでも違法でも不道徳でもありません。ヘッジファンドはこのような取引を駆使しながらお金儲けをしようとします。

 ではなぜ、ヘッジファンドがニュースで大きく取り上げられることがあるのでしょうか?

 そもそも裕層向けに作られた金融商品ですから、集めてきた運用資産が莫大という特徴があります。さらに、莫大な資金を、レバレッジ(てこの意味)といって、借金をしてさらに資金を大きくして、大きな取引をします。あまりにも大きい取引をすると、それだけで市場が上に下にと動いてしまうのです。何兆円という規模で取引がされることもあります。

 「ヘッジファンドが売りを浴びせて来た」というのは、とても大きな規模で「空売り」をしてきたという意味。市場が大きく下落すると、売りが売りを呼んでさらに下落するということになりかねません。そうするとあとで買い戻すヘッジファンドが大儲けするということになります。こうした暴騰・暴落など大きな取引はニュースになりやすいですし、「投機的売買だ」と批判する人が出てきたら、それはそれでニュースになりやすいわけです。

 ヘッジファンドは、莫大な資金を背景にいろんな金融商品の取引をし、価格が上がろうが下がろうが利益を狙う(絶対収益)のです。しかし、リスクをヘッジしていても万能ではありません。大きなヘッジファンドが破綻すると、その規模ゆえ、破綻したこと自体が大きなニュースになるのです。

最終更新:2016/2/10(水) 4:33
THE PAGE