ここから本文です

参議院選には2つの選挙方法がある

2013/7/4(木) 17:36配信

THE PAGE

 参議院選の選挙方法には2種類あります。「比例代表選挙」と「選挙区選挙」です。参議院の定数は242人ですが、3年ごとに半分が改選されるので、今回の選挙でも比例代表選挙で48人、選挙区選挙で73人の計121人を選ぶことになります。

 比例代表選挙は、全国を1つのブロックとしています。投票は、候補者名か政党名を書きます。総得票数は、候補者名と政党名を足した数になり、各政党の総得票数に応じてドント方式といわれる方法で政党ごとの当選者数を決めます。それぞれの政党が獲得した議席に対し、政党内で得票数の多い順に候補者が当選します。

候補者の名前で投票できるため、知名度の高いタレント議員が票を獲得しやすいとされています。衆議院選と異なり、選挙区との重複立候補はできません。

 選挙区選挙は、各都道府県を1つの選挙区としています。人口に応じて定数が配分され、最も人口が多い東京都の定数は10人です(今回改選されるのは5人)。また、今回の参議院選から「1票の格差」を是正するため、大阪府と神奈川県の定数が6人から8人に増えます(改選は4人)。一方で、岐阜県と福島県は定数が4人から2人に減ります(改選は1人)。その結果、改選数1の「1人区」が31県に増えることになりました。

 参院選では「1人区」が選挙戦の行方を左右するともいわれており、どの政党が制するかが注目です。

最終更新:2016/2/10(水) 2:54
THE PAGE