ここから本文です

没後20年 炎のストッパー津田恒実を偲ぶ

2013/7/20(土) 10:12配信

THE PAGE

文責・駒沢悟/フリーライター=元広島番記者
 
 もう20年にもなるのか。
 オールスターゲームが来ると私は、広島東洋カープの悲運のストッパー、津田恒実を思い出す。東京ドームで開催されたオールスター第1戦の試合直前に悲報を聞いた。

 1993年7月20日。夏の暑い日だった。 
 忘れられることのない炎のストッパー。そして32歳という若さで病魔に襲われ、この世を去らざるを得なくなった悲運の大投手……。
 愛すべき男だった。

 私は、スポーツ報知の広島担当記者として、1966年から半世紀近くカープに密着してきたが、今でも、津田のなんとも言えぬ人なつこい笑顔が忘れられない。
 何度も共に酒を飲んだ。
 私のグラスが空いているのを見ると
 「コマさん! もっと飲みんさい!」と、ビールを注いでくれる。
 「そこまで気を使わんでええじゃろ」というくらい気を使い、笑わせ、陽気で楽しい酒だった。ふと見ると、本人は、それほど飲んでいない。慢性のルーズショルダー、血行障害……全力投球のツケは、彼の体を蝕んだ。私と飲みながらも体調を気づかっていたのだろう。

 山口県立南陽工業時代、1978年の春のセンバツ甲子園でベスト8に入って“ツネゴン”と呼ばれるほど、その豪速球は注目を集めた。当時、山口の防府にあった社会人チームの協和発酵を経て、1981年のドラフト1位で広島に入団した。協和発酵には、たまたま長嶋茂雄さんの立教大野球部の知人がいて、最後まで巨人も津田をドラフトで狙っていた(結局、最後は槙原を指名)。

 初めての春季キャンプ。ブルペンで見た唸るようなストレートが忘れらない。
 まだ現役だった山本浩二や、衣笠祥雄が、津田のボールを見て目を丸くしていた。受けた達川光男が「ツネゴンのストレートは凄い。浮き上がってくるけえ」と言った。
 新人王は先発投手として獲得。その後、怪我に苦しみ低迷するが、プロ5年目にストッパーに転身して見事に復活してリーグ優勝に貢献した。その後も、故障で何度か浮き沈みを繰り返すが、1989年に再び復活した。

 「直球一本」
 「直球人生」
 「弱気は最大の敵」
 「一球入魂」

 彼が残した数々の言葉は、そのピッチングスタイル、そのままだ。

 グラウンドでの女房をずっと務めてきた達川が、こんな話を教えてくれたことがある。
 巨人戦。二死満塁で、バッターは左の山本功児。津田は、例によってストレートしか投げない。達川が変化球のサインを出してもクビをふった。
 ファウルでだんだんとタイミングがあってきてライトのポール際に、あわや本塁打の大ファウルを打たれた。達川はマウンドに行き「ストレートを狙われとるんじゃけえ。変化球を投げえや。スライダーを投げえ」と詰め寄ると、「嫌です。変化球を打たれると悔いが残ります」と拒否したという。
 しょうがなく、ストレート勝負。たまたまボールは高めにホップした。100%ストレート狙いだった山本功児には、そのボール球がストライクに見えたのだろう。ボールの下を豪快に振って空振りの三振に打ち取った。

1/2ページ

最終更新:2016/1/31(日) 3:39
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/19(日) 18:40