ここから本文です

内戦から復興 観光立国へ スリランカの魅力

2013/9/21(土) 10:23配信

THE PAGE

21ー22日にスリランカフェスティバル開催

 東京・代々木公園で開催されるスリランカ・フェスティバル(9月21日、22日)が、今年で10回目を迎えます。スリランカはかつて、26年間にも及ぶ内戦で延べ7万人が犠牲になるなど混迷を極めていましたが、2009年5月に終結。それ以降、急速な経済発展を遂げ、その経済を支えている1つが観光業と言われています。2010年に約1.4万人だった日本からの渡航者は2012年には1.8倍以上に成長。2013年には、1月~7月までで、すでに1.5万人以上が渡航していて、昨年を上回る見込みです。また、隠れた親日国家でもあり、日本との友好の歴史も魅力の1つです。そのスリランカについて解説します。

大きさは北海道の約8割 世界遺産は8件

 インド南東に位置するスリランカは、国土約6万5000平方キロメートル、北海道の約8割ほどの小さな島国です。しかし、この小さなエリアに、文化遺産6件、自然遺産2件の世界遺産があります。中でも有名なのは、1982年に世界遺産登録された中部州マータレーにあるシーギリヤロックなどがある古都シーギリヤです。テレビ番組などでも紹介され、話題となっています。シーギリヤの遺跡は5世紀にカッサパ1世によって造られ、中でも要塞化した岩上の王宮跡であるシーギリヤロックは、標高370メートル、岩そのものは約200メートルもの高さがあります。ほかにも以下の世界遺産が登録されています。

■文化遺産(登録年)
聖地アヌラーダプラ(1982年)
古都ポロンナルワ (1982年)
聖地キャンディ(1988年)
ゴール旧市街とその要塞群 (1988年)
ダンブッラの黄金寺院 (1991年)
■自然遺産(登録年)
シンハラジャ森林保護区(1988年)
スリランカの中央高地(2010年)

 世界遺産以外にもインド洋でのビーチリゾートや、ときには100頭以上の象の群れに遭遇できるかもしれない「エレファント・ギャザリング」(8月~9月の間)なども人気があります。また、アーユルヴェーダも人気の1つです。アーユルヴェーダとは、インド大陸での伝統的医学ですが、エステやマッサージなどの要素もあり、女性に人気が高いです。リゾートホテルで、こういった体験ができるのも人気の理由となっています。

 JTB総合研究所の波潟郁代氏によると「もともと、スリランカの世界遺産は世界的にも注目を集めていましたが、これまでは“遺跡をみる”だけだった。それが、内戦後にホテルがリゾート化して、リゾートホテルライフを楽しめるようになったこともあり、日本の観光客から注目が集まりつつあります」と分析します。

1/2ページ

最終更新:2015/12/6(日) 3:17
THE PAGE