ここから本文です

元スカウトが語る秘話 宮本慎也を支えた”ナニクソ魂”

2013/10/2(水) 12:20配信

THE PAGE

「ショートをドラフトで獲らないで」

 冗談混じりだったのか。あるいは、思わず本音が口を突いたのか。
 アトムズ時代から、実に33年間に渡ってヤクルトのスカウトや編成部長として活躍。若松勉や古田敦也をはじめとする名選手たちを独自の眼力で発掘してきた片岡宏雄さんは、自らが見出した一人、宮本慎也から投げかけられた「ある言葉」をいまでもはっきりと覚えている。

 残念ながら詳しい日時も、どこの球場だったかも、すでに曖昧になりつつある。おそらくは2000年の途中。それでも、宮本とのやり取りは鮮明に記憶の中に刻まれている。
 「片岡さん、ショートの選手ばかり取らないでくださいよ、と言ってきたんだよね」

 1994年のドラフト2位で宮本をプリンスホテルから獲得して以降も、ヤクルトスワローズはドラフト会議で高卒選手を中心に遊撃手を積極的に指名・入団させていた。

*1995年 1位 三木 肇(上宮高)
*1997年 3位 大脇浩二(北照高)
*     4位 大山貴広(大洲高)
*1998年 4位 本郷宏樹(龍谷大)
*1999年 1位 野口祥順(藤代高)


 特に1位指名の2人、三木と野口は長打力を兼ね備え、新聞紙上には『ポスト池山』の文字が何度も躍った。一級品と評価された守備で1996年の後半からショートのレギュラーポジションをつかみ取った宮本の心中は、決して穏やかではなかったはずだ。

コンプレックスだった打撃力

 守るだけという意味で、入団当時の野村克也監督からは「自衛隊」とも揶揄されていた。非力というレッテルをはられ、8番が定位置だった打撃を、宮本はコンプレックスに感じていたのだろうか。
編成の責任者だった片岡さんは、懐かしそうに当時を振り返る。

 「ショートばかりって、そいつらに負けないようにすればお前だって長続きするんだぞ、と宮本には言いました。負けているようじゃダメだ、とね。宮本本人は『分かりました。頑張ります』と返していましたね。ショートを守れる選手は、だいたいセカンドもサードもできる。だから、いい選手がいればもちろん取りにいく。冷たいようだけど、内野の強化は常に怠らない、というチームの方針があったからね」

 そうしたやり取りがあった2000年に、宮本は初めて打率3割をマーク。翌2001年には2番に定着し、シーズン67犠打の日本新記録を樹立。現時点では最後となるセ・リーグ制覇と、近鉄バファローズを倒しての日本一獲得の原動力になった。

1/3ページ

最終更新:2016/2/25(木) 4:18
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 19:30