ここから本文です

赤ちゃんに障害「先天性風疹症候群」って何?

2013/10/11(金) 14:33配信

THE PAGE

 妊婦が風疹にかかったため生まれてくる赤ちゃんが目や心臓に障害を持つ「先天性風疹症候群」(CRS)が増えています。特別の治療法はなく、風疹の予防接種で妊婦への感染を防ぐことが大事です。

 CRSでもっとも多い症状は、白内障、心臓の形の異常、難聴の3つです。そのほかにも、緑内障、網膜の異常、小頭症、精神発達の遅れ、髄膜脳炎、肝臓や脾臓(ひぞう)が腫れる、皮膚に紫色のまだらができるなど、可能性のある症状は多岐にわたります。

 CRSは免疫のない女性が妊娠初期に風疹にかかると発生する可能性があります。妊娠1 カ月で50%以上、2カ月で35%、3カ月で18%、4カ月で8%程度の確率です。妊娠5カ月を過ぎるとほとんどかからないそうです。また、風疹ウイルスに感染した大人でも症状が出ないことがあるので、母親が無症状でもCRSが発生する可能性があります。
 
 特別な治療法はありません。心臓の異常や白内障は手術が可能になった時点で手術をします。

男女とも予防接種を

 CRSを予防するためには、風疹の予防接種で妊婦の感染を防ぐことが重要です。免疫のない女性が妊娠前に予防接種を受けることはもちろん、家庭や職場での感染を防ぐために男女とも予防接種を受けることが望ましいとされています。

 2013年は風疹患者に成人が多いのが特徴で、特に20~40歳代の男性が目立ちます。女性では20歳代です。これは予防接種制度が何度か変更されており、接種を受けていない年代・性別に偏りがあるためです。
 
 妊娠中は予防接種を受けることができません。風疹や予防接種について、詳しくは近くの保健所や内科医、小児科医に問い合わせてみましょう。

(参考資料:国立感染症研究所「先天性風疹症候群とは(http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/429-crs-intro.html)」など)

最終更新:2016/2/6(土) 3:50
THE PAGE