ここから本文です

巨人と広島の間にあったチームメンタルの差

2013/10/19(土) 1:22配信

THE PAGE

原監督が見せた喜怒哀楽の意味

 バッテリーの抱擁シーンなどなかった。
 巨人ナインは、まるでいつもの試合がひとつ終わったかのように静かに勝利を噛み締めた。広島の下克上の可能性の声も高かったセ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージは蓋を空けてみれば巨人の強さだけが際立つ3連勝で幕引きとなった。
 
 原監督は、ベンチ内では表情を豊かに、喜怒哀楽を思う存分に出して采配をふるった。まるで試合間隔が離れている選手を目覚めさせ、鼓舞しているかのように見えた。

 元阪神のチームスコアラーだった三宅博さんは、それが原采配の秘密だと読む。
 「明らかにシーズン中と原監督の所作が違った。相手を飲んでかかっているのがよくわかった。短期決戦の豊かな経験がなせる技。あえて、そう振舞ったと推測する。第1戦では迷うことなく内海に代打を送り、今日の試合でも外国人にバントのサイン。短期決戦の戦いを熟知している。一方、広島の野村監督の表情は、阪神戦の時とは少し違っていた。戦力の違いもあるが経験の違いも大きい」

 元スコアラーらしく配球面でも巨人の阿部には、外のボールを軸にしながら、広島打線に狙い球を絞らせない工夫が見えたと言う。対照的に広島バッテリーにはミスが多く、その象徴的な配球ミスが、第2戦で前田健太が寺内に3ランを許した失投である。

 三宅さんは、マエケンvs寺内のチャート表を見て、「ひとつ前のボールが素晴らしかった。するとバッターからすれば、次のボールが甘いとより甘く見えるもの。良いボールの次のボールこそ失投に細心の注意が必要なのだ。あのスライダーが、もうボール半個外ならホームランはなかっただろうが、マエケンも『寺内ならスライダーで大丈夫』と中途半端な気持ちで投げたのではないか」と分析していた。

 「短期決戦では終わってみれば、あのプレーが……というものがある。今回のCSで言えば初戦の赤松の三塁からの飛び出しだろう。ショートの坂本がよく止めたが、赤松は打球が抜けたものだと“思い込み”で三塁をオーバーランしてしまっていた。ああいうプレーひとつでチームの勢いというものは一気に逆になってしまう」

 三宅さんが指摘するのは、第1戦の9回の場面だ。1点差を追う二死一、二塁から、菊池の三遊間を襲った内野安打で代走の赤松が三塁をオーバーランしてアウト。完全に浮き足立っていた“守護神”の西村を助けてゲームセットとなった。三塁コーチの指示の曖昧さもあったが、赤松の“思い込み”が生んだ痛恨のミスだろう。そういうミスが、短期決戦では、まるでシーソーのように浮き沈みを繰り返す、勢いの行方を決めてしまうのだ。

1/2ページ

最終更新:2014/11/16(日) 3:38
THE PAGE