ここから本文です

プロ合格の井上尚弥の弟は兄以上の強気!

2013/10/21(月) 22:53配信

THE PAGE

気持ちは兄より上

 WBA世界ライト級6位が、今、まさにプロの一歩目を踏み出そうとした17歳に脱帽していた。
 「距離感がいい。パンチを当てさせてくれなかった」

[写真/記事]兄・モンスター井上の写真と記事

 “モンスター”日本ライトフライ級王者、井上尚弥の3つ違いの実弟、井上拓真の公開プロテストが21日、後楽園ホールで行われ、一発合格。実技試験として3ラウンドのスパーリングが行われたが、その相手を務めたのは、世界ランカーで12月6日に日本フライ級王座への挑戦が決まっている村中優(F赤羽)である。

 井上拓真は、ゴングが鳴ると様子見を決めていた村中に対し果敢に仕掛けた。まるで息をさせまいとするような連打。フックとストレートのコンビネーションに加え、至近距離ではアッパー、左はボディ、フックと上下に打ち分ける。村中は、ガードを固めたまま、ほぼサンドバック状態となったが、後から聞けば「井上兄とは、何回かスパーリングをやってボコボコにされている。その弟と聞いて怖くて行けなかった」という。

 井上弟は、ボデイバランスが素晴らしく、上体の柔らかさとバックステップで、常に打てる位置をキープできる。攻撃のバリエーションも左ジャブからだけでなく多彩だ。それでも、さすがにプロの大先輩の村中も要所で反撃。左のフックをカウンターでヒットさせるシーンも。最後はお互いにノーガードで打ち合って会場を盛り上げた。

 「ムキになると荒々しくなって攻撃に気持ちが行き過ぎる。だから僕のカウンターも当たった。そのあたりがこれからの経験なんでしょうけど、凄い17歳。スピード、パンチ力は現時点では、兄が上だろうが、気持ちの面は兄より強いんじゃないですか。打ち合いになっても引かなかった」

 ヘッドギアを取った村中は、冷静に井上弟を分析した。
 無事にプロボクサーとなった井上弟は晴れ晴れとした顔をしていた。
 「少し緊張して固くなったかなとは思います。どれだけ食いつけるかと思っていましたが、思ったより手数も出せたし、世界ランカーを相手に自信になりました。兄よりも攻撃的なボクシングを見せたいし、そこを魅力にしたい。今日もまた井上拓真のボクシングを見に行きたいと思ってもらえるような攻撃を意識していました」

1/2ページ

最終更新:2016/1/11(月) 4:00
THE PAGE