ここから本文です

オリオン座流星群の観察 西日本太平洋側を中心にチャンス

2013/10/21(月) 13:42配信

THE PAGE

オリオン座流星群が21日夜にピークを迎えます。見ごろは21日19時から22日未明。気になるのは天気ですが、ウェザーニュースによると「東海地方や西日本の太平洋側は、雲が少なく流星を観察するのに好条件」と予想しています。

[図解]流星群の出現と彗星・地球の軌道

一方、東日本や沖縄では雲が広がりやすく、雲の隙間から流星を観測するという、あまり良いとは言えないコンディションになり、北日本や山陰地方は雲によって観察が阻まれそうだとしています。

同社では、21日夜からライブ放送番組「SOLiVE24」で流星群を全国7か所から生中継。スマートフォンアプリやパソコンでも視聴可能です。

最終更新:2015/11/21(土) 3:04
THE PAGE