ここから本文です

<ドラフト会議>藤浪―森のバッテリーは阪神で実現するか?

2013/10/23(水) 19:18配信

THE PAGE

阪神の1位指名は九州共立大・大瀬良

 阪神のドラフト戦略が23日、明らかになった。1位は、九州共立大の大瀬良大地投手、そして外れ1位、もしくは2位で指名を予定しているのが、大阪桐蔭の森友哉捕手。次世代の捕手育成が急務の阪神は、当初、森の1位を検討していたが、来季を戦うためにはもう1枚即戦力の先発投手が必要だという要望が現場サイドから出されたこともあって方針を転換。FAを使っての先発投手の補強が難しいという事情も手伝って“マー君2世”の呼び声が高く、将来性のある大型右腕、大瀬良の1位入札を決めたものだ。

大阪桐蔭・森友哉は外れ1位か2位で指名

 しかし、ヤクルトなど複数球団が重複入札するため、クジ引き勝負となるのは確実の情勢。そこで、外れ1位、もしくは2位で、リストアップしているのが、大阪桐蔭の森なのだが、残っているかどうかが問題である。「西武が森を1本釣りするのではないか」という情報も流れている。阪神は、外れ1位、あわよくば2位で残って欲しいと願っているのだが、こればかりをフタをあけて見なければわからない。もし甲子園を沸かせた藤浪晋太郎―森のバッテリーが、縦ジマで実現すれば、阪神ファンには、たまらないバッテリーの誕生となるのだが、果たして抽選の行方は……。そして、なにより森が、外れ1位で阪神に入団することになったとして、プロの世界で成功できるのだろうか? 森が使えなければ、1年目に2桁勝利を挙げエースの道をひた走る藤浪とのバッテリーも実現できない。

プロ2軍より甲子園優勝チームのほうが勉強している

 阪神タイガースの育成&打撃コーディネイターに就任した掛布雅之氏は、「まるでポパイのように筋肉がつきすぎているのが気にはなる。バッターには柔軟性が必要だから」と不安視しているが、ヤクルト時代に古田敦也を取った元スカウトの片岡宏雄さんは、キャッチャーは、高校出身有望説を唱える。

 「大成したキャッチャーは、野村克也にしても伊東勤にしても谷繁元信にしても、森祇晶にしても高校出身。古田敦也、阿部慎之介、矢野と大学出で成功した例もあるけれど、ヤクルトの監督時代に野村なんかは『大学、社会人出のキャッチャーなんていらない』と言っていたくらい。森君は、甲子園での優勝捕手でしょう。悪いけれどプロの2軍よりも甲子園の優勝チームの方がはるかに野球を勉強している。その経験に加え、ああいう大舞台で、甘いボールを一発で仕留めてホームランを放つというセンスには期待できるだろう」

1/2ページ

最終更新:2015/10/25(日) 3:55
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 2:30