ここから本文です

<レビュー>スマホと合体できる噂の“レンズスタイルカメラ”DSC-QX10を試してみた

2013/10/23(水) 13:41配信

THE PAGE

 ソニーは10月25日、「Cyber-shot」シリーズとして“レンズスタイルカメラ”Cyber-shotという新機軸の製品を発売します。これは本体にファインダーや液晶ディスプレイを搭載せず、その代わりにWi-FiやNFC経由でスマートフォンと接続して使うものです。今回は試用機が入手できたので、その機能や使い勝手などを見ていきましょう。

ネットとの相性が抜群

 新発売となるレンズスタイルカメラは、スマートフォンでより高画質な写真・動画撮影が楽しめる製品です。これまで、スマートフォンのカメラに外付けのレンズを装着する製品はいくつかありましたが、レンズスタイルカメラの場合は“外付けのカメラをスマートフォンで使う”といったイメージ。しかも母体がスマートフォンなので、撮影した写真をTwitterやブログなどへ簡単に投稿できます。最近はWi-Fi機能を搭載したコンパクトデジカメもありますが、やはりWi-Fi環境があるシーンは限られてしまいます。その点、スマートフォンなら3GやLTE回線経由でどこからでもアップロードできますし、コメントなども手軽に書き込めます。

2種類のラインアップ

 レンズスタイルカメラは、有効画素数約2020万画素の1.0型裏面照射型「Exmor R」CMOSイメージセンサーを備えた「DSC-QX100」と、有効画素数1820万画素の1/2.3型裏面照射型「Exmor R」CMOSイメージセンサーを備えた「DSC-QX10」の2種類がラインアップされています。このうち今回試用するDSC-QX10は、光学10倍ズームや光学式手ブレ補正機能を搭載したモデル。DSC-QX100と比べてコンパクトで、持ち歩きやすいのもポイントです。

 円筒形の梱包箱を開封してみると、手のひらサイズ(幅62.4×高さ61.8×奥行き33.3mm)の本体が登場します。見た目はミラーレス一眼の交換レンズのようですが、背面部分がバッテリー蓋で覆われていてなんとも不思議な雰囲気です。本体重量は約90g、バッテリーとメモリースティック マイクロを入れても約105gなので、バッグに忍ばせておいてもそれほど気になりません。

1/3ページ

最終更新:2016/2/12(金) 3:09
THE PAGE