ここから本文です

バリ島でも大人気! 世界を駆け巡る「AKB48」の“恋チュン”現象

2013/11/7(木) 10:29配信

THE PAGE

 発売から3ヵ月近くが経った今も、いまだに人気を集めている「AKB48」の32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」。33rdシングル「ハート・エレキ」が発売されたにも関わらず、根強く支持されている。ファンの間でも“神曲”として評判が高いが、実際に街中などで耳にする機会も多い。

■ロングヒットの要因 "ミュージックビデオ現象"

 大手カラオケチェーン「JOYSOUND」のランキングによると、週間&月間とも総合1位を記録しており、これからの忘年会シーズンに向けてますます人気を集めそうだ。旬が短いとされる昨今の音楽業界では珍しいロングヒットを記録している同曲だが、その特徴の一つと言えるのが“ミュージックビデオ現象”にある。

 「HKT48」の指原莉乃ら選抜メンバーがパフォーマンスする公式動画が公開されると、親しみやすくノリの良い楽曲やキュートなダンスが評判となり、ファンを中心に同曲を愛する人たちや団体、組織が次々に同曲のミュージックビデオをモチーフにした映像を大手動画投稿サイト「YouTube」に投稿。

 この現象をAKB48サイドが好意的に受け止めたことで、現在「YouTube」の「AKB48オフィシャルチャンネル」には、佐賀県の古川康知事や県職員らがダンスを披露している「佐賀県庁バージョン」や兵庫県の川辺郡・猪名町の町民有志がiPhoneだけで撮影したという「猪名川町バージョン」、神奈川県の黒岩祐治知事をはじめとする神奈川県職員らがパフォーマンスする「神奈川県バージョン」など、30作品近くが“公式動画”としてアップされている。

■海外でも”恋チュン”旋風

 しかも、AKB48グループのメンバーたちがまったく出演していない、“副産物”とも言うべきこれらのメンバー不在の公式動画が3000万回を超える再生回数を記録。ここまで来ると一種の社会現象だが、“恋チュン”のブームは日本国内のみならず、海外にも広がっているとか。

 「『YouTube』には、アメリカのファンがイギリスやインドネシア、オーストラリア、スウェーデン、フランス、ベルギーなど世界中の同志とコラボして自主製作した『ファンバージョン』もアップされていますが、『恋するフォーチュンクッキー』は特に海外でも人気が高い。日本の文化に造詣が深いアメリカやフランスはもちろん、何故か遠くバリ島でも最近よく繁華街で流れているそうです」とはレコード会社関係者。

1/2ページ

最終更新:2016/2/5(金) 3:46
THE PAGE