ここから本文です

掛布氏 落合GMの粛清更改に賛同!

2013/11/20(水) 18:29配信

THE PAGE

 中日の落合博満GMが契約更改で行っている大胆な減俸が連日、スポーツ新聞の紙面を賑わせている。現在、私は阪神のGM付育成&打撃コーディネイターの職について、高知・安芸キャンプに参加しているが、今回のコラムは、その立場からの意見でなく、一人の野球人としての意見であることを断った上で書かせていただきたい。読者の方々には、誤解のないように読んでいただければ幸いである。

 落合GMの行っている大胆なコストカットには賛否があるようだが、私は、ある意味、野球界が向かう正しい方向を示しているのだと思っている。年俸については、「上がるときは上がる」。その一方で「下がるときは下がる」というのが、プロ野球選手の大原則だ。落合GMの現役時代には、「上げるときは上げる」ということだけを考えていたようにも見えていたが、彼も立場が変わったことで、考え方も変わったのだろう。私は、おそらく2つの観点から、今回の荒療治をしたのだと考えている。

 ひとつは、チームを根本から変えるためには、選手の気持ちの中から甘えを一掃させ、危機感を抱かせるための粛清処置だ。中日の顔とも言える生え抜きの井端弘和を、ああいう退団の仕方をさせてしまったことには、一人の野球人として違和感を覚えるが、「あの井端さんでさえ」という空気をチーム内に張り巡らせたのは間違いない。

 「負ければ、給料にも直接響いてくるんだよ」、「いつまでも安泰に野球ができるわけではないんだよ」、という厳しさをチームに植えつけようとしたのだろう。野球協約の限度額ぎりぎりまで下げられた契約更改で選手たちが抱いた「悔しさ」「来年は頑張って給料をアップしてやる!」という気持ちが、勝利へのモチベーションにつながれば、来季の中日という球団は怖い存在になるのかもしれない。

 落合GMの大粛清の裏にある、もうひとつの理由は、球団経営上の問題だろう。ご存知の通り、プロ野球界の置かれている状況は、数年前から著しく変わっている。テレビの地上波中継が減って球団に入ってくる放映権料が大きく減少した。チームによっては観客動員に苦しむ球団もあるが、選手の年俸だけは、変わらず上がっていて、その収支のアンバランスから赤字経営を余儀なくされている球団も少なくない。

1/2ページ

最終更新:2015/12/23(水) 3:15
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(火) 4:15