ここから本文です

中国が尖閣上空に「防空識別圏」ってどういう意味? 「領空」との違いは?

2013/11/26(火) 13:23配信

THE PAGE

 中国が尖閣諸島上空を含む空域に防空識別圏を設定したことで、日本との緊張関係が高まっています。防空識別圏の設定にはどのような意味があり、それはどの程度危険なことなのでしょうか?

【図解】「領海」と「接続水域」どう違う?

 中国政府は11月23日、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したと発表しました。岸田外務大臣は「東シナ海の現状を一方的に変更しようというものであり、不測の事態を招きかねない非常に危険なものだ」と中国を厳しく批判しました。また米国政府も中国政府に対して外交ルートを通じて懸念を表明しています。

領空の周囲に設定する防空識別圏

 防空識別圏は、国際法上の領空と混同されがちですが、両者は異なるものです。防空識別圏とは、戦闘機が緊急発進(スクランブル)する際の判断基準となる空域のことを指します。

 領空は領海と異なり、無害通航権(敵対的でなければ自由に通航してもよいという権利)が認められていません。このため領空を航空機が勝手に侵犯すれば、場合によっては問答無用で撃ち落とされる可能性があります。航空機のスピードは非常に速いので、領空侵犯が起こってから対応していたのでは間に合いません。

 そこで各国政府は、領空の周囲に防空識別圏というエリアを設定し、この範囲に外国の航空機が勝手に進入した場合には、戦闘機がスクランブルをかけるようになっています。この空域に航空機を進入させても、国際法上の領空侵犯にはなりませんが、敵対的行為であるとみなされても仕方ないわけです。

 尖閣諸島は日本の領土ですが、中国が領有権を主張しています。しかし、現状において尖閣諸島を実行支配しているのは日本であり、国際社会もそれを認めています。このため、中国もその現状を受け入れ、尖閣諸島の上空に防空識別圏を設定することはしていませんでした。

領海侵入より敵対的

 しかし中国は尖閣諸島が自国の領土であるとの主張を強めてきており、今回はそれに基づいて防空識別圏を設定したということになります。したがって中国の行為は岸田外相が述べているとおり、東シナ海の現状を一方的に変更しようとする行為であるといえます。

 これまで中国は何度も尖閣諸島付近の領海に自国の船舶を進入させています。しかし領空に関するルールは領海よりもはるかに厳しく、勝手に防空識別圏を設定するという行為は、以前の行動と比べてかなり敵対的ということになります。日中関係は、従来とは異なる次元に突入してしまったと考えるべきでしょう。


(大和田 崇/The Capital Tribune Japan編集長)

最終更新:2016/1/28(木) 3:55
THE PAGE