ここから本文です

Nike+ FuelBand SE登場 注目が集まる活動量計とは?

2013/11/28(木) 12:26配信

THE PAGE

11月6日に、ナイキからリストバンド型の活動量計「Nike+ FuelBand SE」が発売されました。従来製品「Nike+ FuelBand」と比べて防水性能などがアップし、より使いやすくなりました。そこで、いま注目を集めるリストバンド型の活動量計について、その機能や使い方などを見ていきましょう。

活動量計で1日の消費カロリーを測定

 まず、そもそもそもそも“活動量計”とはどのようなものなのかについて紹介しましょう。活動量計は、日常のさまざまな行動を活動量として数値化できるものです。従来製品で一番イメージが近いのは歩数計でしょう。しかし、歩数計が歩いたり走ったりした歩数やカロリーのみを表示するのに対し、活動量計はデスクワークや家事などを含めた総消費カロリーが表示できます。運動によって消費する「活動カロリー」以外の計測項目としては、登録した身長や体重などから推定される人間の生命活動維持に必要な「基礎代謝」、食事をした際の消化や吸収活動で消費する「食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)」などが挙げられます。

 もちろん、製品によって数値化できる内容に違いはありますが、概ね“1日におけるトータルの消費カロリーが分かる”優れものなのです。

スタイリッシュデザインの「Nike+ FuelBand SE」が登場

 今回登場したNike+ FuelBand SEは、活動量計の中でも非常にスタイリッシュなデザインを採用したリストバンド型の新製品です。従来製品「Nike+ FuelBand」と比べて防水性能が向上したほか、消費電力を抑えたBluetooth 4.0にも対応。カラーバリエーションはブラック/ボルト/ピンクフォイル/トータルクリムゾンの4種類がラインアップされています。そして12月1日には、早くも新色の「ローズゴールド」が数量限定で販売。こちらの価格は1万7850円と、既存カラーと比べて2100円プラスですが、高級時計にヒントを得たというシックな外観に仕上がっています。

 機能面で特徴的なのは、消費カロリーが性別/年齢/身長/体重によって異なるのに対し、これらを踏まえて計算された「FUEL」という独自の単位で活動量を表示すること。FUELの目安は「2000:普通」、「3000:活動的」、「5000:高エネルギー」と規定されており、年齢や体形が違っても共通の基準で判断できるようになります。また、事前に設定した目標値をクリアすると「GOAL」というアニメーションが表示されるのも面白い演出です。もちろん、FUELではなくカロリーでの表示も行えます。

 iPhoneやiPadと連携すれば、活用の幅がさらに広がります。各種運動から日常の行動、睡眠に至るまでを「セッション」として記録したり、友人同士でコメントを送りあえるグループ機能も利用可能です。

 サイズは139~163mmに対応した「S」、164~188mmの「M/L」、189~213mmの「XL」という3種類を用意。「適合サイズが微妙…」という場合でも、簡単に取り付けられる2個の延長リンク(8mmと16mm)があるので、迷った時は小さいサイズ+延長リンクの使用を推奨しています。

1/2ページ

最終更新:2015/12/23(水) 4:47
THE PAGE