ここから本文です

日韓首脳会談が実現できない本当の理由 早稲田大学・重村教授に聞く

2013/12/5(木) 0:06配信

THE PAGE

韓国朴槿恵(パク・クネ)政権の発足以来、日韓首脳会談は実現しておらず、その見通しも立っていない。朴槿恵政権の反日姿勢の背景にあるものは何か。 韓国・北朝鮮問題が専門の早稲田大学国際教養学部・重村智計教授に話を聞いた。(聞き手:河野嘉誠)

伊藤博文を暗殺した韓国の独立運動家「安重根記念館」とは?

―――朴槿恵政権は発足以来、日韓首脳会談を拒否し続けている。その背景とは?
 韓国の政治家が日本に譲歩する姿勢をみせた場合、その政治家は「親日」のレッテルを貼られる危険性がある。朴槿恵政権はいま、国内の「左翼」と全面戦争の真っ最中だ。朴槿恵大統領が日韓首脳会談に応じれば、全面戦争中の「左翼」勢力に格好の批判材料を与えてしまう。朴槿恵大統領は政権維持のためにも、いま首脳会談に応じることはできない。

―――韓国の「左翼」とは?
 韓国の「左翼」とは、北朝鮮シンパのこと。今年九月には統合進歩党組織の李石基が「内乱陰謀」容疑で逮捕された。最近では北朝鮮支持の団体、天主教正義具現司祭団の中心人物が北朝鮮を擁護する発言をした。朴槿恵政権は、神父の発言が法律違反の疑いがあるとして取り締まろうとしている。これも朴槿恵政権の国内「左翼」勢力との全面戦争の一貫だ。

―――朴槿恵大統領が「左翼」との全面戦争をする理由は?
 韓国の歴代大統領のなかで最も人気があるのが朴槿恵大統領の父・朴正煕だ。しかし、韓国左派インテリ層の朴正煕に対する評価は低い。朴正煕がクーデターにより政権を奪取し、政権後半の「維新体制」で「民主化運動」を弾圧したからだ。朴槿恵大統領は大統領選の期間中、「父の罪状」を謝罪せざるをえなかった。朴槿恵大統領は「左翼」勢力を駆逐し、尊敬する父の再評価を実現したいという思いがある。

―――安倍首相の対韓外交方針をどう評価するか?
 安倍首相の「侵略」に関する発言が、韓国人の感情を逆撫でした。その結果、安倍首相は韓国で「極右的」なイメージが定着してしまった。安倍首相 はそれ以後、発言に気をつけている。河野談話も村山談話も継承した。外交的にも歩み寄りの姿勢をみせている。しかし、一回できてしまったステレオタイプな イメージを変えるのは難しい。

1/2ページ

最終更新:2016/2/5(金) 3:51
THE PAGE