ここから本文です

スマホ向け「ドラクエ」がプチ炎上 ―― スマデバに求められるゲームのUIとは?

2013/12/13(金) 16:00配信

THE PAGE

 スクウェア・エニックスが先月、不朽の名作と名高いRPG「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」をiOS/Android向けに配信開始しました。しかも通常500円のところ、先着100万人まで無料という大盤振舞で、無料期間を12月10日まで延長。一方で、タッチディスプレイの“操作性”に違和感を訴えるプレイヤーがいることも事実。そんななか、昨日12日に配信が始まったドラクエVIIIの操作性の出来上がりはどうなっているのでしょうか?

iOS/Android向け「ドラクエ」の“操作性”に不満の声

 皆さんご存じの通り、ドラクエは第1作目がファミリーコンピュータ向けとして1986年5月に発売されて以降、シリーズ累計出荷本数6200万本以上を記録する大ヒット作品です。今回は、この第1作目をリメイクしたものがiOS/Android向けに無料配信されたわけですが、なんと公開初日で100万ダウンロードを達成。12月10日まで無料期間を延長しました。実際にプレイしたユーザーからは、ブログやTwitterなどを通じてさまざまな意見が上がっています。もちろん名作を懐かしむ声も聞かれるのですが、一方で気になるのが“操作性”に関する不満の多さです。

 この記事をご覧いただいている皆さまの中にも、いざゲームを始めてみて「あれ?」と違和感を覚えた方がいるはずです。実は筆者もその一人で、「おお ○○よ!」という王様からの無茶ぶりを懐かしく聞いた後、室内にある3つの宝箱を開けるだけで四苦八苦しました。その原因は、タッチパネルを用いた操作方法にあります。

 iOS/Android向けドラクエは、画面左下に配置された仮想十字キーをタッチすることで、主人公の移動などを行います。しかし、この“1回のタップで半歩進む”というUIがなかなかの曲者で、なおかつハードウェアキーのように凹凸がないため押し損ねることもしばしば。もちろん、ある程度は慣れで克服できると思うのですが、これまでハードウェアキーでの操作に慣れ親しんできたプレイヤーはどうしても比較してしまいます。しかも新作ではなく既存作品ということもあり、慣れる前に諦めてしまうプレイヤーが続出したようです。

1/2ページ

最終更新:2016/2/7(日) 4:15
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ