ここから本文です

あんこ餅やイクラ入りも…こんなに違う「雑煮」の地域差

2014/1/1(水) 5:00配信

THE PAGE

 お正月休みには実家でお雑煮を食べる人も多いはず。このお雑煮、室町時代から伝わる伝統食と言われていますが、餅のかたちや調理方法、汁の種類に地域差があります。いったいどんな地域差があるのでしょうか。

動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=langtJ7smIA

東は角餅、西は丸餅

 地域の食文化に詳しい料理家の野上優佳子さんによると、まず、富山・岐阜・愛知のラインを境に、東日本と西日本に大きく分けることができるそう。
大きく分けると、
東日本…しょう油のすまし汁で焼いた角餅を入れる
西日本…白味噌の汁で煮た丸餅を入れる
という特徴があるそうです。ちなみに「西日本でも、中国・九州地方はすまし汁のことが多い」のだとか。

独特の具や食べ方

 さらに、その地方独特の具をいれたり、食べ方に特色のある地域も。
(下記は野上さん調べ)

・香川…丸餅の中にあんこが入っていて、いりこダシの白味噌で食べる「あんもち雑煮」
・長崎…長崎には島原の乱で原城に籠城したとき、天草四郎が振る舞ったのが起源と言われている「具雑煮」がある。焼きアナゴやブリや玉子焼きなど具だくさん
・新潟…いくらや鮭を入れたお雑煮
・長野の一部地域…「餅なし正月」と言って餅入りの雑煮を食べないところもある。餅は神聖なもので神様が宿るという信仰から、餅の代わりにうどんや芋を使う
・兵庫や福岡…正月三ヶ日、毎日別の雑煮を食べる地域がある

なぜ地域差が出る?

 各地のお雑煮はどれもおいしそう。でも、これほどまでに地域によって多様な雑煮がある理由は何なのでしょう?

野上さんによると、
・昔は物流が豊かではなかったため、その地域でその時期に採れたものを食べる地産地消だったこと
・同じ県でも山間部と海沿いでは採れるものが違ったこと
・昔は調味料として味噌は一般的だったが、しょう油は高価なものだったので、お正月のときだけ特別にしょう油を使って、すまし汁で食べようという考え方の地域があり、分布がバラバラになったのではないか
などの理由が考えられるのだそう。

 農林水産省のホームページにまとめられている情報によれば、神様に供えた餅などを一緒にいただく「神人共食」の祭事がルーツで、室町時代には上流階級が食べており、そのあと元禄時代に一般庶民まで浸透したと言われているそう。地域や個人のアレンジを加えながら広まったのかもしれませんね。

(動画制作:TOMOニュース)(http://jp.tomonews.net/113910)

最終更新:2016/1/14(木) 3:11
THE PAGE