ここから本文です

中国経済 2014年はここに注目 「リコノミクス」は成功するか?

2014/1/7(火) 10:00配信

THE PAGE

 2013年の中国経済はシャドーバンキング(影の銀行)問題が表面化し、非常に騒がしい1年でした。中国経済は現在、小康状態となっていますが、根本的な問題は何も解決されていません。今年も、中国経済の動向には引き続き強い警戒が必要でしょう。

 中国は過去10年間、平均10%超という驚異的な経済成長を続けてきました。GDP成長に占める公共インフラ投資の割合は40%を超えており、これは日本の高度成長期を上回る水準です。中国は、公共事業による官製バブルを10年以上も続けてきたことになります。

シャドーバンキングがバブル崩壊の引き金に?

 もっとも、投資対象が、産業育成や生活水準向上に不可欠な橋や道路にとどまっているうちはよかったのですが、最近では地方政府が金融機関から融資を受け、宅地を開発して国民に販売し利益を得るというところまでエスカレートしています。

 こうした開発案件には、正規融資以外のルートからの資金も多く流れ込んでおり、このところの不動産価格の下落で資金繰りがつかないケースが増えているといわれます。シャドーバンキング問題が中国バブル崩壊の引き金となるとの懸念はこうした事情からきているわけです。

 中国における経済政策の司令塔となっている李克強首相は、リコノミクスと呼ばれる経済政策を打ち出しています。リコノミクスでは、過剰融資の縮小、公共事業の適性化、構造改革という3つが提唱されています。過剰融資を縮小してバブル経済を終わらせるとともに、公共事業に過度に依存した経済からの脱却を図ります。さらに従来型経済からの転換を目的として、国有企業の民営化、金融市場の開放、土地売買の自由化といった、一連の構造改革を実施するという流れになっています。

小泉構造改革と似たリスクも

 リコノミクスが成功すれば、中国は途上国から先進国に一歩近づくことになり、新しい成熟した成長プロセスに入ることができます。しかしこれには多くのカベが立ちはだかっています。

 リコノミクスは、小泉政権時代の構造改革とよく似た内容ですので、それがもたらす影響も非常によく似ています。バブル崩壊をギリギリで回避している中国経済に対して、構造改革を無理に強制してしまうと、一気に景気が悪化してしまう危険性があります。

1/2ページ

最終更新:2015/9/11(金) 3:39
THE PAGE