ここから本文です

ボクシングで減量ならぬ「増量」 1週間で6キロ増しヘビー級挑戦

2014/1/11(土) 23:04配信

THE PAGE

■元ウェルター級暫定王者がヘビー級転向

 元WBA世界スーパーウェルター暫定王者、石田順裕(グリーンツダ)のヘビー級転向を公開で査定するという“ランキング入りテストスパーリング”が11日、後楽園ホールで行われた。石田のこれまでの主戦場は、ミドル級で、一気に4階級アップとなると異例の事態。JBCは、この過去に例のない転級に対して、「ヘビーウエイトで戦えるかどうかのテストが必要だ」と判断。金子ジムの4勝3敗の4回戦ヘビー級ボクサー、大和藤中との3ラウンドのスパーリングが組まれた。

[記事・写真]美人すぎるボクサーに強烈ヤジ「ボクシングなんか辞めろ」

 1ラウンドは、完全な様子見。左フックを浴びる場面があってJBC職員から「クリンチ、ホールドはやめてもっと打ち合いなさい」と注意を受ける始末。それでも2ラウンドに入ると、ショートレンジからのボディ、アッパー、フックなどコンビネーションと手数で圧倒して、これまで海外リングで試合を重ね、あのWBA世界ミドル級王者、ゲナジー・ゴロフキンとも戦った“サムライボクサー”の片鱗を見せた。
 「ヘビーは圧力を感じましたね。相手の選手が110キロを越えていたので正直怖さもありました。もうお腹一杯で吐きそうです」

■減量が”代名詞”のボクシングで増量

 今回のテストスパーは、急に決まったため、ほとんど練習ができておらず、しかも、ヘビー級のリミットに合わせるため、1週間でなんと6キロの増量をしてきた。ラグビーの元日本代表、大畑大介にも相談。大畑からは「加圧トレをうまく取り入れ筋量を増やしてはどうか」とアドバイスをもらい、ボディビルダーの指導の元、フィジカルトレーニングを行なってきたが、今回は筋肉で増やすのは間に合わない。

 他の階級ではリミットまで必死に減量するというのがボクサーの常識だがヘビー級では90.7キロ以上という規約がある。石田の普段の体重は84~85キロなので、今回は6キロを一気に増やさねばならなかった。一日5食。「体重を増やすにはタンパク質がいいと聞いたので」と、肉、魚、納豆などの高タンパク食品を一食につき200グラム、ドンブリ飯を何杯も胃に詰め込んだ。計量は、この日行われ、石田は、91.6キロでクリア。ミドルのリミット72.5キロからは19.1キロの増量となった。

1/2ページ

最終更新:2016/2/4(木) 3:27
THE PAGE