ここから本文です

最も野茂に嫌われた記者が投じた「一票」

2014/1/17(金) 20:11配信

THE PAGE

(文・本郷陽一)

 日本の野球殿堂入りするメンバーが17日、発表され、近鉄、ドジャースなどで日米通算201勝を挙げた野茂英雄氏(45歳)、横浜(現DeNA)とマリナーズで日米通算381セーブを記録した佐々木主浩氏(45歳)、西武とダイエーで7度の日本一を経験したソフトバンクの秋山幸二監督(51歳)が、それぞれプレーヤー表彰で選ばれた。

■史上最年少での快挙

 野茂氏は、殿堂入りの候補資格を得て1年目の選出で、スタルヒン、王貞治以来の快挙。45歳4か月での選出は、史上最年少となったが、野茂氏とドラフトでの同期入団となる佐々木氏も45歳10か月。若い2人が揃って選ばれることになった。

 野茂氏は、「NOMOベースボールクラブ」が活動している、兵庫県豊岡の城崎温泉で会見を開き「本当に驚いています。投票していただいた方、これまで支えてくれた方、家族、チームメイト、周りの人に感謝したい。記者とは現役時代にあまり仲良くなかったのに資格を得た1年目で(記者投票で)選ばれたことに正直驚いていますし感謝しています」と話をした。

■大魔神・佐々木もリスペクトする存在

 東京ドームに併設されている野球殿堂で、会見に出席した佐々木氏は「野茂以降、たくさんの選手がメジャーリーグに行ったが、もっとも凄いのは誰か?と聞かれれば私は野茂の名前を挙げたい。ノーヒッターも2回。(選手のレベルも)今とは選手(のレベルも)違っていた」と言った。野茂は、“大魔神”にリスペクトされるほどのパイオニアだった。


■最も野茂に嫌われていた記者

 彼は会見で記者と不仲だっだと話したが、それは私のことを指してるのかもしれなかった。私はスポーツ新聞記者だった時代に、「最も野茂に嫌われていた記者」として有名だった。

 フロリダでのドジャース・ベロビーチキャンプ。大物選手のほとんどは、施設外のコンドミニアムや、一軒家を借りてキャンプを送っていたが、彼は、現在、ヤクルトの編成担当をしている奥村政之を専属広報につけ、2人で、キャンプ施設内にある、とても快適とは言えない小さなバンガローみたいな部屋で1か月を過ごした。練習で必要な英会話集を奥村が作り、それをノートに書き写しながら野茂は、夜になると英語を勉強していた。

1/2ページ

最終更新:2016/2/1(月) 3:55
THE PAGE